暗号資産の始め方★初心者のための仮想通貨ブログ【クリッペン】

※本サイトはPR広告を利用しています
仮想通貨ブログ【クリッペン-HOME-】初心者~中級者の口座開設のやり方

仮想通貨ブログ【クリッペン】は初心者の方でも楽しく「暗号資産の始め方」や「基礎的な知識」をブログ形式で楽しく学べるサイトです★

このトップページはこれから暗号資産に投資を始める際に参考にしてほしい】サイトのトップページ。

ペン
ペン

こんにちはブロガーのペンです。このブログは口座開設から、投資方法、NFT、メタバースについてなど「仮想通貨の記事」をたくさん書いています。新着記事はコチラ

「ビットコイン」「イーサリアム」を代表とする仮想通貨の投資!初めての投資が暗号資産という方も増えていると言います。

デビューへの「第一歩は取引所の座開設」から★

今ではパソコンをお持ちでない方も『スマホから簡単に』できちゃいます。

高値を更新した2021年と比べて、2023年は暗号資産全体の価格が下がり、2024年に入り上がり始めています!はじめるチャンス」が到来中かもしれません♪しかも上昇確率の高いビットコインの半減期も迫ります!

ペン
ペン

このページは内容が盛り沢山

後で読み返す可能性も考えて「ブックマーク」しておくと便利ですっ!

目次から「お好きなところから読む」のもOKです!↓

  1. 仮想通貨投資までの「始め方かんたん3STEP♪」
  2. 仮想通貨投資の初心者にオススメな取引所
    1. 理由①口座開設がかんたん、アプリ操作がわかりやすい
    2. 理由②人気国内取引所=多くの人に認められている
    3. 初心者向けの取引所【結論】
      1. ■気軽に仮想通貨投資を楽しみたい方
      2. ■コツコツ派のあなたは
  3. 使い分けがコツ!2つめの取引所はここがオススメ!
    1. ビットバンク(bitbank)がオススメな人(スプレッドが狭い)
    2. GMOコインがオススメな人(送金に利用する・レバレッジ取引)
  4. 中級者になったら海外取引所でマイナーコイン(草コイン)を狙う
  5. 仮想通貨取引所・販売所の違い
    1. 販売所のメリット・デメリット
    2. 取引所のメリット・デメリット
    3. 初心者の方には、どちらがおすすめ?
  6. 仮想通貨の口座開設の記事一覧
  7. 知っておきたい!「ビットコイン投資」のメリット
    1. 個人間で送金ができる
    2. 取り扱い取引所が多い
    3. 手数料が安い
    4. 制限がほぼない
  8. 知っっておくべきビットコイン投資のデメリット
    1. 価値が保証されているわけではない
      1. これまでのビットコイン価格推移(2023年11月まで)
    2. ネットが必要
    3. 税金が高い
  9. イーサリアムの将来性
    1. スマートコントラクトの普及
    2. DeFiの成長
    3. スケーラビリティの改善
    4. 競合相手がいるから成長する
  10. 仮想通貨で資産運用を考える【年利8%】中・上級者向け
  11. 【オススメ仮想通貨ウォレット】自分の暗号資産を守るために
  12. 仮想通貨でNFTやNFTゲームを楽しむ
    1. NFTゲーム関連の記事ならおすすめのサイトはコチラ!
  13. よく話に聞くMetaMask(メタマスク)って何?
  14. イーサリアムをメタマスクに送金する方法
  15. 女性の暗号資産投資家も増えているワケ!
  16. 仮想通貨の用語解説
  17. 【Q&A】「仮想通貨の始め方」よくある疑問・質問★まとめ
    1. Q.2段階認証の設定を口座開設後にすすめられます‥めんどうなんですが必要性ありますか?
    2. Q. 「仮想通貨」は儲かるの?
    3. Q.仮想通貨投資を始める際は、どのくらいのお金をつぎ込むのが妥当ですか?
    4. Q.「仮想通貨」の盗難は起きる可能性がある?
    5. Q.取引所がなくなったら預けたコインはどうなる?
    6. Q.取引所によってコインの売買価格が違うのはどうして?
    7. Q.ビットコイン価格はいつか暴落することがある?
    8. Q.ビットコインに人気が集中しているのはなぜ?
    9. Q.ビットコインが発行上限に到達したらどうなるの?
    10. Q.最近話題になっているNFTゲームやNFTアートは仮想通貨とどう関係しているの?
    11. Q.最近よく聞くDeFiとは何ですか?
    12. Q.スマートコントラクトとは何ですか?
    13. Q.トークンとは暗号資産の意味であっていますか?
  18. みんなはどう思っているの?仮想通貨投資について!
  19. 仮想通貨ブログの「アフィリエイト」について!儲かるの?
  20. 最新の投稿はコチラ★

仮想通貨投資までの「始め方かんたん3STEP♪」

はじめに「仮想通貨の投資」を始めるまでの流れを説明していきます♪

仮想通貨投資かんたん3STEP
  • STEP1
    口座開設をする

    国内の取引所なら最短10分、無料で口座開設が完了します★スマホからできるので初心者の方にもかんたんです♪

    ≫≫各取引所の口座開設記事一覧

  • STEP2
    仮想通貨を購入

    口座開設が完了したら、次はお好きな仮想通貨を購入してみましょう。この入金から購入までは「ECサイトで買い物するくらいの手軽さ」です★一番人気はもちろんビットコイン(BTC)!

  • STEP3
    長期保有か売買

    初心者にオススメな購入し後の手順は、長期の視点で「※ガチホ」(ずっと持ち続ける)か売買するか、コツコツ「※ドロコスト平均法」で定額積み立てていくのかを選択。

    たったこれだけであなたも仮想通貨の投資家デビューです!

    「ガチホ」という言葉は、「ガチで(本気で)」「Hold(ホールド)」という単語をもじったもので、仮想通貨投資において、「長期的に保有し続けること」を指します。

    つまり、「ガチホする」とは、ある仮想通貨を長期的に保有し続け、短期的な価格変動に左右されずに、将来的な価値上昇を期待するという意味です。

    「ガチホ」は、仮想通貨投資において一般的な用語の一つであり、特に、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨を保有する場合に用いられることが多いです。

    ドルコスト平均法とは、定期的に一定金額を投資することで、市場の値動きに左右されずに資産を積み上げる投資手法のことです。仮想通貨投資においても、ドルコスト平均法は有効な投資手法の一つです。

    例えば、月に一度1万円ずつビットコインを購入する場合を考えてみます。この場合、市場の値動きに関係なく、毎月同じ金額を投資することができます。価格が高い時には少なく、価格が安い時には多くのビットコインを買うことができます。これにより、平均的な購入価格を下げ、リスクを軽減することができます。

    ドルコスト平均法は、単一の投資時点に比べ、市場の変動に対するリスクを分散することができます。

ペン
ペン

たこれだけのステップで仮想通貨投資が始められます!すべてパソコンを開かなくてもスマホから簡単操作でできるんです★

それではステップ①の「初心者の方にオススメな取引所」を見てみましょう★どこで口座開設をすべきかお迷いの方は参考にしてくださいね♪

仮想通貨投資の初心者にオススメな取引所

ペン
ペン

初心者の方にオススメしたい仮想通貨の取引所はこの2つ★

それはコインチェック】【bitFlyerです。

この2つの取引所には、これから仮想通貨投資を始めたい「心者の方にオススメしたい2つの理由」があります。

  • 理由①口座開設がかんたん、アプリ操作がわかりやすい!
  • 由②人気国内取引所=多くの人に認められている★
ペン
ペン

さらにこの「おすすめポイント2つ」を具体的にみていきましょう!

理由①口座開設がかんたん、アプリ操作がわかりやすい

仮想通貨と聞くと「難しいんでしょ?」とお思いの方が多いかと思いますが、実際に口座開設をしてみると「口座開設のかんたんさや、アプリの扱いやすさ、購入のしやすさ」に驚くはず。

しかも口座開設はだいたいどこの取引所でも「最短10分」で完了します★

ペン
ペン

あなたの想像よりも仮想通貨取引所の世界は「わかりやすい」はずです★もしわからないことがあっても当サイトでご確認いただけます♪

理由②人気国内取引所=多くの人に認められている

人気がある=多くの人に認められている・支持される」ということ。

多くの支持を集める・認められるということは「サービスの内容や質が良い」ということをみんなが認めていることになります。

初めての仮想通貨投資でいきなり「海外取引所」とか「マイナーな取引所」の選択はハードルが高いと思います。

ペン
ペン

まずは国内で利用者が多いこの2社(コインチェックとビットフライヤー)をセレクトするのが間違いはありません。だってみんなが利用しているんですから!

暗号資産取引所におけるサービスの良さとは、例えば以下のような点が挙げられます。

  • 取り扱い通貨の種類が豊富 …暗号資産取引所では、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨だけでなく、多くの種類の仮想通貨を取り扱っています。これにより、多様なポートフォリオの構築が可能となります。
  • 取引手数料が低い…暗号資産取引所では、他の投資商品に比べて取引手数料が低いことが多いです。特に、日本国内の取引所では、取引手数料が0%の取引所もあります。これにより、少額の投資でも手数料負担が少なくなります。
  • インターフェースが使いやすい…多くの暗号資産取引所では、直感的に操作ができるインターフェース(アプリやPCサイト)が提供されています。初心者の方でも、簡単に取引を行うことができます。
  • セキュリティが高い…暗号資産取引所では、セキュリティ対策が徹底されています。2段階認証や暗号化技術などが導入されており、投資家の資産を守るための対策がなされています。

初心者向けの取引所【結論】

はっきりと「どちらの取引所がいいのか?」決めてほしい方もいらっしゃると思います。そんな方は以下のことを参考にしてみてくださいね!

■気軽に仮想通貨投資を楽しみたい方

女性の方にもイージー、アプリがオシャレでわかりやすく使いやすい、初めての口座開設にピッタリな取引所をお探しにの方はインチェックがおススメです。

ペン
ペン

私の初めての仮想通貨デビューはコインチェックでした!流行りの「NFT」も簡単に買えますし、積立投資なんかもとってもいいサービスです。メタバース構想もあるようなのでこれからも伸びていきそうな取引所です♪

無料口座開設はコチラから≫≫インチェック

■コツコツ派のあなたは

ポイ活などで長期的に仮想通貨の貯金をコツコツ続けていきたい方はbitFlyerがおススメです。

bitFlyer(ビットフライヤー)は独自で「クレジットカード」や「Tポイント」でビットコインが貯まるシステムや、自由度の高く設定もかんたんな「積立システム」があり堅実派にオススメな取引所です。

無料口座開設はコチラから≫≫bitFlyer

ここから無料口座開設のかんたん手順がわかる!

使い分けがコツ!2つめの取引所はここがオススメ!

国内の取引所はすでにいくつもあります。その企業同士の競争があり、それぞれで「強み」を作り出し差別化戦略をしています。

すでに国内取引を口座開設した後にも、さまざまな使い分けの目的(リスク分散・レバレッジ取引・取り扱い通貨・送金手数料など)で、新たに口座を作ることを検討すべきです。

特に多いのは「投資したい通貨」が自分の口座開設した取引所では「取り扱いがない…」場合…

こんな時は、どこの取引所も10分ほどの時間で、無料で口座は開設できるので、サクッと作ってしまうのが正解です。口座開設の際はキャンペーンも活用するとさらにお得です!

ペン
ペン

ペンも仮想通貨取引所の口座はいくつも「使い分け」をしています、学んでいくとわかることなんですがそれぞれ個性があり、うまく使い分けることで仮想通貨投資をよりお得に楽しめるんです★

仮想通貨投資において、取引所を分けてリスク分散をすることは一般的に推奨されています。これは、取引所によってはセキュリティレベルや運営方針が異なるため、1つの取引所に全ての投資を集中させることで「リスクが高まる可能性」があるためです。

例えば、ある取引所がハッキング被害を受けた場合、取引所に保管している投資家の資産が流出する可能性があります。このような場合、複数の取引所を利用している場合、他の取引所に保有している資産を利用して損失を補填することができます。

また、複数の取引所を利用することで、取引所ごとの手数料や通貨の種類などの特徴を活用することができます。さらに、取引所ごとに保有している仮想通貨の種類や数量を管理することで、ポートフォリオの管理がしやすくなります。

ただし、複数の取引所を利用する場合には、各取引所の特徴やリスクについてよく理解し、適切なポートフォリオの構築が必要です。

ペン
ペン

複数の取引所に分散することで、取引手数料や送金手数料、管理費用などが増えるため、コスト面も考慮する必要があります。

ビットバンク(bitbank)がオススメな人(スプレッドが狭い)

bitbank

仮想通貨の中・上級者に人気・利用者の多いビットバンク

ビットバンクおすすめのポイントは2つ★

  • とにかく手数料が安い仮想通貨取引所を探している方
  • メジャー通貨を多く取引する方
  • 信頼性の高い取引所をお探しの方

暗号資産取引所のビットバンクおすすめのポイントは、以下のとおりです。

  • 国内トップクラスの取引量があり、流動性の高い取引が可能

ビットバンクは、国内の暗号資産取引所の中でも取引量が最も多く、流動性が高いことが特徴です。流動性が高いということは、売買をしやすいということであり、取引の機会損失を減らすことができます。

  • 高いセキュリティでユーザーに安心感を提供

ビットバンクは、セキュリティ対策に力を入れており、高いセキュリティレベルを実現しています。具体的には、以下の対策を実施しています。

  • ホットウォレットとコールドウォレットの分離
  • 二段階認証(2FA)の導入
  • 多要素認証(MFA)の導入
  • ハッシュ化技術の導入
  • 取扱銘柄(仮想通貨)が業界最多水準

ビットバンクは、取扱銘柄が業界最多水準です。ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨はもちろん、アルトコインも豊富に取扱っています。

  • 取引アプリ・ツールの機能性・使いやすさに強み

ビットバンクは、取引アプリやツールの機能性・使いやすさに強みがあります。取引アプリは、初心者でも使いやすいシンプルなデザインとなっており、豊富な分析ツールも搭載されています。

  • お得感満載のキャンペーンも魅力的

ビットバンクは、お得感満載のキャンペーンを定期的に開催しています。初回入金キャンペーンや、取引量に応じたポイント還元など、ユーザーにメリットのあるキャンペーンが充実しています。

以上の点から、ビットバンクは、初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめの暗号資産取引所と言えるでしょう。

ペン
ペン

bitbankは取り扱っている全銘柄を取引所で売買できるというメリットもあります。ペンも「セカンド取引所」としてビットコインをこまめに購入している取引所なんです!

ビットコインをはじめとする銘柄を他の取引所よりも余計なスプレッドを抑えて取引できます。頻繁に売り買いするような方や、一回の取引額が大きい方などは利用してほしい取引所となります。

スプレッドとは、暗号資産取引所において「買い注文」と「売り注文」の価格差のことを指します。つまり、暗号資産の買い価格と売り価格の差額がスプレッドとなります。

例えば、ビットコインの買い価格が1,000,000円、売り価格が1,005,000円の場合、スプレッドは5,000円となります。

このスプレッドは、取引所の手数料や市場の需給バランスなどによって変動します。

スプレッドは、取引所によって異なるため、取引所を選ぶ際には、スプレッドが狭い取引所を選ぶことが重要です。

ペン
ペン

狭いスプレッドで取引ができれば、同じ価格帯での売買でも手数料が低く済むため、投資収益率を高めることができます。

口座開設の詳細は以下のリンクから♪

ビットバンク口座開設理由の要点と手順」を写真をたくさん使い解説しています。スマホ操作が苦手の方にもわかりやすく解説しています!

bitbankの無料口座開設はコチラから

仮想通貨ならビットバンク

GMOコインがオススメな人(送金に利用する・レバレッジ取引)

GMOコインでの口座開設するメリットは「※レバレッジ取引ができること」や「送金手数料がお得なこと」に注目です

仮想通貨におけるレバレッジ取引とは、少ない資金で「大きなポジション」を持つことができる取引のことを指します。つまり、自分が持っている資金よりも大きな仮想通貨の売り買いを行うことができるため、利益を追求することができますが、同時に損失も大きくなるリスクがあります。

例えば、10倍のレバレッジをかけた場合、自分が持っている10,000円の資金で、100,000円相当の仮想通貨を取引することができます。もし価格が上がれば、資産も10倍の増加となりますが、逆に価格が下がれば、損失も10倍の拡大となることに注意が必要です。

ペン
ペン

レバレッジ取引は、仮想通貨投資の中でも高リスク・高リターンな取引方法の一つであり、初心者の方や、経験の浅い投資家は注意が必要です。

十分な知識を持ち、リスクマネジメントを行った上で、慎重に取引を行うことが重要です。

口座開設の詳細は以下のリンクから♪GMOコインの口座開設理由の要点をまとめています。

GMOコイン口座開設のオススメポイント

  • 取扱銘柄数国内No.1
  • 500円から積立投資を行える「つみたて仮想通貨」
  • 現物の売買からレバレッジ取引まで、1つのアプリでできる
  • 各種手数料が無料
ペン
ペン

私がおススメする一番の理由は「海外取引所への送金手数料がお得」なこと!

送金用の口座として良く使用しています♪≫≫【スマホ版】GMOコインから海外取引所(バイナンス・バイビット)へのBTC送金手順を解説

GMOコインの無料口座開設はコチラから

GMOコイン

中級者になったら海外取引所でマイナーコイン(草コイン)を狙う

国内の取引所で仮想通貨の投資に慣れてきたらチェレンジしたいのが、海外取引所での仮想通貨投資。

オススメしているのはスマホアプリでも取引を行うことができるBinance(バイナンス)Bybit(バイビット)取り扱い暗号通貨の数も国内取引所と比べて桁違い!

※2023年現在Binanceで日本人の口座開設は停止しています。近々Binance の日本の取引所ができる予定。その際は追って記事を更新します!

ペン
ペン

Binance(バイナンス)Bybit(バイビット)での口座開設は国内の取引所よりも更にイージー。日本語の対応もしっかりしてくれていて安心です。レバレッジの取引も125倍と大きな差があります。

海外の取引所はこんな方におすすめです!
  • 今欲しい暗号通貨をスマホからカジュアルに取引をする!
  • これから伸びる「※草コイン」や話題の「※ミームコイン」に投資したい!
  • 新規プロジェクトにいち早く投資をしたい★

「草コイン」とは、まだ知名度が低く、取引量が少ない仮想通貨のことを指します。一般的には、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨に比べて、時価総額や価格が低く、将来性に不確実性があるとされています。

草コインは、ビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨に比べて、価格が低いため、初心者や少額の投資家にとっては手軽に投資ができるという利点があります。ただし、草コインは市場が未熟であることや、将来性に不確実性があるため、価格変動が大きいというリスクがあるため、投資には注意が必要です。また、草コインは、将来的に大きな成長を遂げる可能性もあるため、中長期的な視点で投資を行うことが重要です。

ミームコインの代表格DOGE

ミームコイン(Meme Coin)とは、主にインターネット上で話題となった面白い画像や動画などの「ミーム(meme)」を元にした仮想通貨のことを指します。

ミームコインは、一般的な仮想通貨とは異なり、その価値がミームコインを持つコミュニティーの人々によって決定されることが特徴です。つまり、「そのコミュニティーによって支持されているかどうか」が、ミームコインの価格に大きな影響を与えます。

一部のミームコインは、大きな成功を収めることもありますが、その多くは市場で価値を失うことがあります。ミームコインの価値が高騰する場合には、大量の人々が投資することで値が上がりますが、その価値が暴落する場合には、投資家は大きな損失を被ることになります。

ミームコインは、新しい技術やビジネスモデルを開発することを目的としているわけではありません。代わりに、娯楽やインターネット文化を中心に据えたものであり、投機的な性質を持っています。したがって、ミームコインに投資する場合は、リスクをよく理解した上で行う必要があります。

仮想通貨取引所・販売所の違い

仮想通貨取引所と販売所の違いは、簡単にいうと「誰と取引をするのか」という点です。

販売所では、仮想通貨取引所を運営する会社が、ユーザーに対して仮想通貨を売買しています。例えば、コインチェックの販売所でビットコインを買う場合、コインチェックが保有しているビットコインを購入する形になります。

取引所では、ユーザー同士で仮想通貨を売買しています。例えば、コインチェックの取引所でビットコインを買う場合、他のユーザーが売りに出しているビットコインを購入する形になります。

具体的な違いは以下の表の通りです。

項目販売所取引所
取引相手運営会社ユーザー同士
手数料スプレッド(実質的な手数料)取引手数料
取引のしやすさ簡単やや難しい
取引の幅限定的豊富

販売所のメリット・デメリット

メリット
  • 取引が簡単でわかりやすい
  • 取引手数料がかからない
デメリット
  • スプレッドが広いため、取引コストが高くなる可能性がある
  • 取引できる銘柄が限定的

取引所のメリット・デメリット

メリット
  • スプレッドが狭いため、取引コストが抑えられる可能性がある
  • 取引できる銘柄が豊富
  • 取引の幅が広い
デメリット
  • 取引が複雑でわかりにくい
  • 取引手数料がかかる

初心者の方には、どちらがおすすめ?

初心者の方には、販売所がおすすめです。取引が簡単でわかりやすいため、仮想通貨取引の基本を学ぶことができます。また、取引手数料がかからないため、少額から始めることができます。

ただし、販売所はスプレッドが広いため、取引コストが高くなる可能性があります。そのため、長期的に取引を行う場合は、取引所を利用することを検討しましょう。

ペン
ペン

仮想通貨取引所と販売所は、それぞれにメリット・デメリットがあります。自分のニーズやスキルに合わせて、適切な取引方法を選択しましょう。

仮想通貨の口座開設の記事一覧

【ビットコインの特徴まとめ】アルトコイン・イーサリアムと比較

当サイトでは各取引所の「スマホからの口座開設の方法」を記事にまとめています。

複数の取引所を使い分けて、自分自身の「目的の通貨」を購入したり、取引所ごとの「便利な取引法」をお試しください。

ペン
ペン

中には、口座開設するだけでビットコインなどがもらえるキャンペーンもしている取引所があり、お得に投資をスタートできます!

知っておきたい!「ビットコイン投資」のメリット

仮想通貨といえばビットコイン(BTC)といってもいいほど有名です。BTCは仮想通貨取引を始める多くの初心者の方が購入している銘柄です。

ペン
ペン

ここでは、ビットコインの購入に悩んでいる人のために【メリット・デメリット】紹介します。ぜひ購入の際の参考にしてください。

コチラの記事で詳しく解説≫≫ビットコインの基礎知識、誕生と市場拡大している4つの理由

個人間で送金ができる

ビットコインは世界共通なので、外国の人との取引の際でも両替の必要がなく、銀行などの仲介を必要としません。そのため金額の大きさにかかわらず、かんたんに送金することができるのです。

スマホだけで完結うえ、最短10分で反映されるのも魅力的な点です。時間がかかった場合でも1時間程度で反映されます。

また銀行などを介さないため、365日いつでも送金可能なことも特徴です。

仮想通貨の個人間の送金」は、「仮想通貨のウォレット」を使って行います。

ウォレットには、仮想通貨を保管するためのアドレスがあり、これを使って送金先を指定します。

送金するには、送金者が自分のウォレットから、送金したい仮想通貨の量と受取人のウォレットアドレスを指定して送金トランザクションを作成します。このトランザクションには、送金者のアドレス、受取人のアドレス、送金額、手数料などが含まれます。

トランザクションとは、ブロックチェーン上で行われる仮想通貨の送金や受け取りなどの取引の単位です。

仮想通貨の送金トランザクションでは、送金者が指定した仮想通貨の量と受取人のウォレットアドレスが含まれます。また、手数料などの情報も含まれます。

トランザクションは、ブロックと呼ばれるデータの集合にまとめられ、ブロックチェーン上に記録されます。ブロックには、複数のトランザクションが含まれることがあります。

ペン
ペン

トランザクションは、ブロックチェーンの中核である分散型台帳技術の一部であり、仮想通貨の安全性と信頼性を確保するために重要な役割を果たしています。

この送金トランザクションは、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術を利用して、ネットワーク上で送信されます。ブロックは、マイナーと呼ばれるコンピューターによって暗号化された数学的な問題を解決することで、ブロックチェーンに追加されます。このプロセスをマイニングと呼びます。

ブロックがブロックチェーンに追加されると、送金トランザクションは確定し、受取人のウォレットに仮想通貨が送られます。このプロセスは、通常数分から数時間程度かかります。

仮想通貨の個人間の送金は、取引所を介さずに直接送金することができ、手数料が比較的低く迅速に送金することができます。

ペン
ペン

ただし、送金トランザクションが確定するまでに時間がかかることがあるため、注意が必要です。

取り扱い取引所が多い

ビットコインは国内外にあるほとんどの仮想通貨取引所で扱われている暗号通貨。

どこでも取り扱っているので、自分の選んだお好きな取引所で購入が可能です。

時価総額も1番高く、保有者も多いため、他の通貨に比べて初心者でも簡単・安心に始めることができるメリットがあります。

  • 初期の仮想通貨であるため、認知度が高い:ビットコインは、2009年に誕生した初めての仮想通貨です。そのため、暗号資産市場が成長する前から存在しており、多くの人々に認知されています。
  • 世界中で利用されている:ビットコインは、世界中で広く利用されています。特に、発展途上国やインフラが整備されていない地域では、銀行口座の開設や送金が困難であるため、仮想通貨が注目されています。その中でもビットコインが一番広く知られているため、需要が高いと言えます。
  • 買いやすい:ビットコインは、多くの仮想通貨取引所で取り扱われています。また、現実世界でも、ビットコインを取り扱うATMや売買所が設置されるなど、比較的手軽に購入することができます。
  • セキュリティが高い:ビットコインは、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術を採用しています。これは、一度記録された情報を改ざんできないため、不正な取引やハッキングからの保護が強固になっています。
ペン
ペン

以上のように、ビットコインが暗号資産の中で一番時価総額が高い理由は、その歴史や認知度、世界的な利用率、買いやすさ、高いセキュリティ性などがあると言えます。

コチラの記事で詳しく解説≫≫【ビットコインの特徴】アルトコイン・イーサリアムと比較

手数料が安い

先程お話した通り、ビットコインには、銀行のような仲介業者がありません。

そのため、お金を銀行等で送金した際にかかる手数料がビットコインの場合は格安、もしくは無料となります。国内でけでなく海外への送金でも手数料は変わりません。

取引所によって手数料が異なるので「取引所決めの際のポイント」としたいところでね♪

取引所によって、手数料の種類は異なりますが、以下のようなものがあります。

手数料の種類

  • 取引手数料:仮想通貨を売買する際に発生する手数料。一般的には取引金額の一定割合(0.1〜1%程度)が取られます。
  • 入金手数料:仮想通貨を購入する際に、口座に入金するために銀行振り込みなどで入金する際の手数料。一般的には取引所によって異なります。
  • 出金手数料:仮想通貨を売却し、現金に換金するために、口座から出金する際の手数料。一般的には取引所によって異なります。
  • スプレッド:取引所での売買価格の差額。一般的には、売値と買値の差額があります。

手数料の金額

取引所によって手数料の金額は異なりますが、一般的には以下のようなものがあります。

  • 取引手数料:取引金額の一定割合(0.1〜1%程度)が取られることが多いです。たとえば、10万円の仮想通貨を取引した場合、手数料は100〜1,000円程度になります。
  • 入金手数料:取引所によって異なりますが、一般的には0〜500円程度の手数料がかかることがあります。
  • 出金手数料:取引所によって異なりますが、一般的には0〜1,000円程度の手数料がかかることがあります。
  • スプレッド:取引所によって異なりますが、一般的には1%程度の手数料がかかることがあります。

コチラの記事で詳しく解説≫≫はじめてのビットコイン投資と買い方・売り方の知識

制限がほぼない

ビットコインは、送金をする際の制限が銀行ほど厳しくありません

最近では、ビットコインを使って支払いができるところも増えています。ビットコインでの支払いは国内ではまだ少ないのですが、国を超えた支払いにも使用できるため海外への支払い時に使えます。

ペン
ペン

この利便性の良さもビットコイン&仮想通貨の人気の秘密となっています★

知っっておくべきビットコイン投資のデメリット

ビットコイン投資にもデメリットはあります。

これから仮想通貨投資を始める初心者の方でも、デメリットについてよく知っておく必要があります。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも事前にリスクを覚えておきましょう。

価値が保証されているわけではない

ビットコインなどの仮想通貨は、価格変動が大きいことで利益を得やすいと人気を高めていますが、もちろん反対に大きな損害を受ける場合もあります。

ビットコインはお金のように国が価値を保証しているものではありません。

ペン
ペン

そのため、価格変動により暴落しても誰も保証はしてくれません…

お金の場合は国が発行し金融政策などで調整しますが、ビットコインにはそのような発行主体がないのでそのままということになります。

しかし長期的な視点でビットコイン投資を考えるのであれば、今までのチャート推移を長期的な視点で見る限り右肩上がり、心配はないはずです

これまでのビットコイン価格推移(2023年11月まで)

ペン
ペン

以下にビットコインの価格推移を、日本円(JPY)単位で表にまとめています。価格はCoinMarketCapから引用しています。

日付価格
2010年7月17日4.56 JPY
2011年4月16日82.79 JPY
2011年12月31日394.10 JPY
2012年12月31日1,138.10 JPY
2013年12月31日78,101.00 JPY
2014年12月31日36,970.00 JPY
2015年12月31日51,999.00 JPY
2016年12月31日112,920.00 JPY
2017年12月31日1,540,270.00 JPY
2018年12月31日406,803.00 JPY
2019年12月31日781,114.00 JPY
2020年12月31日3,040,712.00 JPY
2021年5月13日5,368,736.00 JPY

注意:価格は常に変動しており、上記の数値はあくまでも参考値として扱ってください。また、CoinMarketCap以外の取引所での価格も異なる場合があります。

ネットが必要

ビットコインの取引には取引所の口座が必要になります。

しかし、その口座はインターネットがつながっていない状態(オフライン)では利用できません。

そして同時に、ネットに繋がっているという事は、ハッキングリスクが付きまとうことを意味します。2段階認証の設定や「コールドウォレット」と呼ばれるインターネットから隔離された空間に保管することをオススメします。

税金が高い

ビットコインで得た利益は「雑所得」に該当するので、税金がかかってきます。

利益が20万円以下だと非課税ですが、それ以上になると累進課税制度により税金額が増えていきます。

つまり利益が多ければ多いほど、支払う税金額も増えてしまいます。

税金がかかってくるのは、ビットコインを交換した時や買い物をした場合でも課税対象になります。保有しているだけでは税金はかかりませんが、売却した時に差益を得ると課税対象になります。

ビットコインを譲り受けた際も課税対象になり、贈与税の納税が必要です。同じように相続の場合は相続税を納税します。

ペン
ペン

このような税制の影響で多くの有望な人材・企業が、海外に流出している問題もあり今後の課題となっています。国が動き税制の改定を待つのみとなっているのが現状です。

仮想通貨に関する税金について、日本では以下の問題があります。

売買による利益は、所得として課税される…仮想通貨を売却した場合、利益が出た場合には、その利益に応じて所得税が課されます。ただし、売却した仮想通貨を1年以上所有していた場合は、課税される利益が減少する場合があります。

購入時には消費税が課される…仮想通貨を購入する場合、一般的には消費税が課されます。

取引所は利用者の情報提供義務がある…仮想通貨取引所は、利用者が売買した仮想通貨の情報を国税庁に提供する義務があります。

税務申告には注意が必要…仮想通貨を売買して利益が出た場合には、所得税を自己申告する必要があります。ただし、取引所が海外にある場合や、売買履歴が複雑な場合には、適切な税務申告が困難な場合があります。

ペン
ペン

不安になる方もいるかもしれませんが、大丈夫!国税庁は、仮想通貨に関する税制に関する情報提供や、税務申告の手続きに関するアドバイスを行っています。

イーサリアムの将来性

ペン
ペン

ビットコインに続いて人気のイーサリアム(Ethereum)は、分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトの開発に使用される暗号通貨です。んFTなどの購入にも必要な通貨で、投資対象としてどうなのって疑問に思う方も多いと思います。

分散型アプリケーション(DApps)は、中央集権化されたシステムやサーバーに依存せずに動作するアプリケーションのことを指します。従来のアプリケーションは、データや機能を中央のサーバーで管理し、ユーザーはそのサーバーに接続して利用する必要がありました。しかし、DAppsでは、ブロックチェーンと呼ばれる技術を使用して、アプリケーションのデータや処理を分散させます。

ブロックチェーンは、複数のコンピューター(ノード)で構成される分散型のデータベースであり、取引や情報の記録を安全かつ透明に行うことができます。DAppsは、このブロックチェーン上で実行され、分散されたデータとスマートコントラクトと呼ばれるプログラムによって機能します。

DAppsの特徴は次のようになります

分散性…DAppsは中央集権化されたサーバーではなく、複数のノードによって運営されます。データはネットワーク全体に分散され、システムの信頼性とセキュリティが向上します。
透明性…ブロックチェーン上の情報は公開され、改ざんが困難です。そのため、DAppsは透明性があり、データの正確性や取引の公平性が確保されます。
セキュリティ…DAppsは分散型ネットワークで実行されるため、セキュリティの強化に役立ちます。ネットワーク全体でデータの整合性を確認し、改ざんやハッキングのリスクを低減します。
オープンなエコシステム…DAppsは開発者にとってオープンなエコシステムを提供します。誰でもアプリケーションを開発し、ブロックチェーン上で展開することができます。また、ユーザーはDAppsに参加し、データや資産を所有・管理することができます。

DAppsは、さまざまな分野で活用されています。例えば、分散型金融(DeFi)では、ユーザーは中央銀行や金融機関を介さずに、ローンの提供、取引、資産管理などを行うことができます。これにより、より透明性の高い金融システムが実現され、より多くの人々が金融サービスにアクセスできるようになります。

また、DAppsは供給チェーン管理や不動産業界などでも利用されています。ブロックチェーン上でのデータの透明性と信頼性により、製品の流通経路や不動産の所有権のトレースが容易になります。これにより、不正や偽造のリスクを減らし、効率的な取引と確実な契約の履行が可能になります。

さらに、DAppsはゲーム業界でも注目を集めています。ブロックチェーンを利用したゲームでは、仮想アイテムやデジタル資産の所有権が確保され、不正行為や盗難が防止されます。また、ユーザーはゲーム内でのプレイや交流を通じて、実際の経済的価値を得ることができます。

DAppsの将来性は、その特徴や利点によって支えられています。ブロックチェーン技術の進化やスケーラビリティの向上により、より多くの開発者がDAppsを構築し、さまざまな分野での採用が進むことが期待されます。また、DAppsはよりオープンでインクルーシブなエコシステムを提供し、個人や企業に新たなビジネスチャンスをもたらす可能性があります。

ペン
ペン

ただし、DAppsにはいくつかの課題や制約も存在します。ブロックチェーンのスケーラビリティやトランザクション速度の制限、セキュリティのリスク、ユーザー体験の改善などが課題として挙げられます。これらの課題に対して、現在もなお継続的な技術の改良やイノベーションが行われており、DAppsの成熟度と普及が進んでいます。

以下に、イーサリアムが投資対象としてどうなのか?「将来性」について簡単に解説します

スマートコントラクトの普及

イーサリアムは「※スマートコントラクト」を実行するためのプラットフォームとして広く使われています。スマートコントラクトは契約条件を自動的に実行するため、多くの業界で効率的なソリューションとして使わています。

スマートコントラクトは、自動的に契約条件を実行するプログラムのことです。わかりやすく説明すると、スマートコントラクトは「契約書」のようなもので、その契約に関連する条件をプログラムとして書いたものです。

ペン
ペン

通常の契約では、人間が契約書を作成し、条件を記述し、それに基づいて相手方と合意します。しかし、スマートコントラクトでは、プログラムが契約の条件やルールを決め、自動的に実行することができます。

例えば、ゲームでのスマートコントラクトでは、勝利条件や報酬の配布がプログラムによって制御されます。もし、あるプレイヤーが特定の条件を達成した場合、スマートコントラクトは自動的に報酬を与えるようになっています。これにより、信頼性や公平性が高まります。

また、スマートコントラクトはブロックチェーンと組み合わせて使われることが多く、ブロックチェーンは、情報を分散させて保護し、改ざんや不正を防ぐ技術です。スマートコントラクトはブロックチェーン上で実行されるため、その結果や取引は透明かつ安全に記録されます。

スマートコントラクトの利点は、自動化と信頼性です。自動化により、人為的なミスや誤解による問題を減らすことができます。また、プログラムが実行するため、契約に関する条件が正確に適用され、公平性が保たれます。

ペン
ペン

要するに、スマートコントラクトは自動的に契約条件を実行するプログラムであり、その実行結果はブロックチェーン上で安全かつ透明に記録されます。スマートコントラクトは自動化と信頼性を提供する一方、正確性や慎重な利用が求められる技術です。

DeFiの成長

イーサリアムは※分散型ファイナンス(DeFi)の主要なプラットフォームです。DeFiは中央集権化された金融サービスの代替として注目を集めており、イーサリアム上で多くのプロジェクトやプロトコルが開発されています。

DeFi(分散型金融)は、ブロックチェーン技術を活用して中央機関や伝統的な金融機関を介さずに金融サービスを提供する分野です。

以下にDeFiの主な特徴やサービスについて説明します

オープンなプロトコル…DeFiはオープンソースのプロトコルやスマートコントラクトを使用して構築されます。これにより、誰でも参加できるような公平で透明性のある環境を提供します。
分散化…DeFiプラットフォームは分散型のネットワーク上に構築されます。参加者は中央管理者の介入なく、自己管理型の金融取引を行うことができます。
サービスの多様性…DeFiは様々な金融サービスを提供します。例えば、暗号資産の貸借(レンディング/ボローイング)、分散型取引所(DEX)、保険、ステーブルコイン、予測市場などがあります。
オートメーションとプログラム可能性…DeFiの多くのサービスはスマートコントラクトに基づいています。スマートコントラクトはプログラム可能であり、自動化されたルールに従って資金の移動やトランザクションの実行を行います。
ユーザーの所有権とコントロール…DeFiでは、ユーザーが自身の資金を所有し、完全な管理権を持ちます。中央機関や第三者による資金の保管や管理が不要であり、ユーザー自身が資金のセキュリティとコントロールを担保します。

DeFiは金融サービスの分野において新たな可能性を提供し、伝統的な金融システムに比べて透明性、アクセス性、効率性の向上が期待されています。ただし、スマートコントラクトのセキュリティリスクや市場の不安定性など、課題も存在します。したがって、DeFiに参加する際にはリスク管理と慎重な取引が重要です。

スケーラビリティの改善

イーサリアムは常にバージョンアップへの移行を進めています。新しいコンセンサスアルゴリズムに基づいており、今後もさらにスケーラビリティとネットワークの効率性を向上させることが期待されています。(これまでイーサリアムを支えてきたPoW(Proof-of-Work)からより環境に優しく効率の良いPoS(Proof-of-Stake)への移行しました)

コンセンサスアルゴリズムは、分散システムやネットワーク上の複数の参加者間で「合意を形成するためのアルゴリズム」です。これらの参加者は独立して行動し、情報を交換しながら共通の合意や一致を達成する必要があります。

一般的なコンセンサスアルゴリズムの目標は、以下の条件を満たすことです。

一貫性(Consistency):すべての参加者は同じ結果に合意する必要があります。
可用性(Availability):システムは常に適切なレスポンスを提供できる必要があります。
パートション耐性(Partition tolerance):ネットワーク内で通信が途切れたり、障害が発生しても、システムは機能し続ける必要があります。

コンセンサスアルゴリズムの例としては、PaxosやRaft、Proof of Work(PoW)、PoS(Proof-of-Stake)などがあります。

ペン
ペン

これらのアルゴリズムは、異なるアプローチや条件でコンセンサスを達成しますが、共通の目標は合意形成です。

競合相手がいるから成長する

イーサリアムには競合するプラットフォームが存在します。例えば、Solana、Binance Smart Chain、Polygonなどがあります。イーサリアムは自身の強みを維持するために、競合相手との差別化や開発者コミュニティの拡大に取り組んでいます

イーサリアムは分散型アプリケーションやスマートコントラクトの分野で主導的な地位を持っていて、既に多くのDAppsやトークンが展開されており、幅広い採用基盤を持っています。

仮想通貨で資産運用を考える【年利8%】中・上級者向け

ビットレンディング運用例 図解 仮想通貨ブログ cryppen

仮想通貨にはレンディングサービスという、自分の暗号資産(仮想通貨)を増やせる今注目のクリプトサービスがあるんです!

仮想通貨のレンディングサービスとは、一般的には「貸付けサービス」として知られています。具体的には、ユーザーが自分の所有する仮想通貨(ビットコインやイーサリアムなど)をレンディングサービス会社に貸し出し、その対価として利息を受け取ることができます。

例えば、ユーザーがBitcoinを保有している場合、レンディングサービス会社にBitcoinを貸し出すことができます。プロバイダーは、ユーザーから借りたBitcoinを、金利を支払う人々に貸し出すことで、利益を得ることができます。ユーザーは、レンディング期間中に定期的な利息を受け取ることができます。

レンディングサービスには、いくつかの種類があります。一般的なものには、「中央集権型のレンディングサービス」と「分散型のレンディングサービス」があります。

  • 中央集権型のレンディングサービス」では、サービス会社が仮想通貨を管理し、利息の支払いや返済の管理を行います。
  • 分散型のレンディングサービス」では、ブロックチェーン上で自動的に処理が行われ、人工干渉の必要がありません。

レンディングサービスは、ユーザーにとって仮想通貨の運用方法の一つであり、仮想通貨の価格変動リスクに対して利息を得ることができるメリットがあります。ただし、レンディングサービスにはリスクもあります。

ペン
ペン

例えば、レンディングサービスプロバイダーが経営破綻する場合や、貸し出した仮想通貨がハッキング被害に遭う場合などが考えられます。そのため、レンディングサービスを利用する際には、十分な注意が必要です。

預けて増やす暗号資産のレンディング』のうたい文句と『最高利率8%』と他社と大きく差をつけた驚きの数字で注目を集める【BitLending(ビットレンディング)】について、その仕組やアカウント開設の方法や、レンディング(預ける)の始め方について以下の記事にまとめています。

【オススメ仮想通貨ウォレット】自分の暗号資産を守るために

【オススメ仮想通貨ウォレット】ビットコイン・暗号通貨を保管する〜自分に合った選び方・使い方メリット・デメリット~

仮想通貨投資をしていくと、「仮想通貨は自分自身でウォレットで管理すべき」とは聞く事があると思います。

そもそも仮想通貨のウォレットが何か分からない…」「何のために必要なのかもわからない…

こんな疑問も「すでに暗号資産をお持ちの方も」あると思います。

仮想通貨取引所に預けている状態との違いや、自分で管理するメリットが分からない…」そんな方は以下の記事で【仮想通貨ウォレット】について初心者の方にもわかりやすく解説しています。

仮想通貨でNFTやNFTゲームを楽しむ

仮想通貨の購入動機が、今話題の【NFTアート・NFTゲーム】や【メタバース】をVRゴーグルなどをつけて楽しみたい・稼ぎたいという動機の方も多くいらっしゃいます。

ペン
ペン

NFTアート購入には「イーサリアム」、NFTゲームを楽しむにはゲーム内の暗号通貨が必要となってきます。いつでも楽しめるように準備はしておきたいですね!

そんな方々もどうしても取引所の口座開設が必要となってきてしまいます。楽しむ前に暗号資産取引所の口座開設は済ませておきましょう!

\【図解】NTF・OpenSeaをはじめる5ステップ /

【図解】NFTを販売する5ステップ

話題の「NFTについて」や世界最大のNFTアートマーケットの「Opensea」について解説記事!

話題のメタバースゲーム「The Sandbox」の遊び方・始め方

初期費用無料で楽しめるWEB3アプリ・ブロックチェーンゲーム

NFTゲーム関連の記事ならおすすめのサイトはコチラ!

NFTゲームを学びたい方はmNFTゲーム20種類以上実践し、FTゲーム最高利益約35万円を稼ぐ「グッキー」さんのサイトがオススメです!

ペン
ペン

本当にいろんなNFTゲームを詳しく解説している方なので暗号資産投資だけでなく「NFTゲーム」で遊びながら稼ぎたいって方にチェックしていただきたいサイトです♬

特にオススメな記事は≫≫資産性ミリオンアーサーの遊び方・始め方

資産性ミリオンアーサーは、スクウェア・エニックスが開発・運営するNFTゲームで、デジタルシールを収集・交換・売却できるゲームです。

デジタルシールは、LINE Blockchain上で発行・管理されており、LINE NFTで二次流通取引も可能です。資産性ミリオンアーサーのデジタルシールは、ゲーム内で使用することで、キャラクターの能力を強化したり、新しいデジタルシールを獲得したりすることができます。

また、デジタルシールは、ゲーム外でも、コレクションとして楽しんだり、取引したりすることができます。

よく話に聞くMetaMask(メタマスク)って何?

cryppen-【スマホでメタマスク】利用するまでの条件 口座開設 ダウンロード 購入

スマホアプリのMetaMask(メタマスク)はイーサリアム系の仮想通貨ウォレットです。かんたんに説明すると「メタマスク」という無料で使える暗号資産専用のおサイフです。

MetaMask(メタマスク)は「スマートフォンからのアプリ版」と「WEBブラウザ」からの2つがあり、登録することでインターネット上の仮想通貨のお財布として、いつでもどこでも仮想通貨の送金や受け取りができます。

以下の記事で詳細をまとめています。NFTの購入やイーサリアム・ブロックチェーンゲームを利用する予定がある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

イーサリアムをメタマスクに送金する方法

NFT」の購入、「ブロックチェーンゲーム」利用のために、イーサリアムを購入してMetaMask(メタマスク)に送金したいとお考えの方が多くいるようです。

初めての「メタマスクへの送金」は不安に感じるものです。みなさんがお察しの通り、この取引所からのメタマスクへの送金は注意点があります‥

仮想通貨の送金に関する注意点

  • 仮想通貨の送金は、大きな金額を送金する前に、必ず少額で「正しく送金ができるのか?」試しましょう。記入するアドレスが間違いがあると、送金した仮想通貨は戻っては来ません…これを「セルフGOX」といいます。少額で試して問題なく届いたら、大きな金額で送金しましょう。
ペン
ペン

NFT購入で各取引所からイーサリアム→メタマスク送金方法について調べている方が多いと聞きます。本サイトでも送付手順をまとめています。

■イーサリアムをメタマスクに送金する方法

女性の暗号資産投資家も増えているワケ!

【女性の仮想通貨投資】未来の不安を取り除くために投資の知識を手に入れよう

近年、暗号資産の投資に「女性の参入者」もTwitterなどで多く見かけます。

ペン
ペン

「お金の知識がないと難しいのでは・・・」 と感じる投資ですが、 ここ2~3年で “投資” に興味を持つ20~30代女性が増えているそうです。

その女性の「投資への関心が高まる理由の3つ」や、「女性に暗号資産投資をオススメしたい理由」などを詳しく解説しています。

仮想通貨の用語解説

仮想通貨の言葉・用語は、普段聞き慣れないものばかり…難しすぎてクラクラしますよね…

ペン
ペン

初心者の方でも調べやすいように、仮想通貨の言葉をまとめたページを作りました。

【Q&A】「仮想通貨の始め方」よくある疑問・質問★まとめ

Q.2段階認証の設定を口座開設後にすすめられます‥めんどうなんですが必要性ありますか?

A.WEB上で資産を管理する上で、常に不正ログイン(ハッキング)リスクはあります。2段階認証の設定は個人でできるセキリティ対策のマストな設定です。手間が少し増えますが、セキュリティ対策は必ずおこないましょう。

Q. 「仮想通貨」は儲かるの?

A. 2017年に、ビットコインをはじめとする多くの「仮想通貨」が爆上がりしました!その中では1年間で何百倍にも達したものもあります。

2017年より前に仮想通貨を買っていれば大きな儲けになっていたはずです。ですが現在、仮想通貨が「必ず」儲かるわけではありません。一夜にして大きく値下がりしたりする場合も少なからずあります。あくまで投資である事を理解して余剰資金で投資をしていきましょう!

Q.仮想通貨投資を始める際は、どのくらいのお金をつぎ込むのが妥当ですか?

A.最大でも「総資産の1割以下」の余剰資金がが鉄則です。 そして購入するのであれば、 仮想通貨を生活の基盤とするのではなく、あくまで宝くじのような感覚で購入し、経済の勉強に役立てるくらいの余裕のある気持ちで取り組むことをオススメします。

Q.「仮想通貨」の盗難は起きる可能性がある?

A.以前起きた、多額の「仮想通貨」が不正な手段により流出した事件は、世間の大きな注目を集めました‥

そのことにより各取引所がセキュリティーを強化をしていますが、世の中には絶対安全というものはありません。取引所だけでなく、詐欺や個人のウォレットを狙うケースの被害もあります。仮想通貨を保有する場合には、こうしたリスクもしっかり理解しておく必要があります。

Q.取引所がなくなったら預けたコインはどうなる?

A.基本的に保証はされないので対策されている取引所を選ぶ

取引所がなくなってしまうと、 その取引所に預けているビットコインもなくなってしまいます… ユーザー身がウォレットで管理するのが基本ですが、売買の際には取引所に預ける必要があり、 管理がしっかりしている取引所かどうかを見極めることが重要です。口座開設の際は、顧客資産の管理方法と、 セキュリティの強度を確認しておきたい。

Q.取引所によってコインの売買価格が違うのはどうして?

A.需要と供給に応じた時価で販売されているためです

ビットコインなどの仮想通貨は、取引所によって需要と供給のバランスが違う点や、売買価格も常時変動しているうえにそれぞれ異なってきます。ですが国内の価格相場から大きく外れることはないのでそこまで気にする必要はないと思います。

Q.ビットコイン価格はいつか暴落することがある?

A.さまざまな要因で急落は起こりえます

需要がなくなれば当然ビットコインの価値も下がってしまいます。近年のニュースで報道がある、各国の政府が仮想通貨について否定的という報道も流れているなかで、今後各国で法規制が進めば価格の急落の可能性もありえます…ビットコインはさまざまな理由から価格が変動しやすいので、上がり下がりに一喜一憂せずに、仮想通貨は長期的な目線で考えるべき投資だと考えています。

Q.ビットコインに人気が集中しているのはなぜ?

A.ビットコインは他の暗号資産と比べて、「デジタルゴールド」と金にたとえられるほど信頼性があるからです。

他にもたくさんの人気の理由がありますが、数千種類を超える暗号資産の中で時価総額が最大であることや、ビットコインが暗号資産の中の基軸通貨としての役割を果たしているのも大きな理由となっています。

Q.ビットコインが発行上限に到達したらどうなるの?

A.希少性がより高まるので価値が上がる可能性があります。

ビットコインは供給開始の時点で【金】と同じく、発行枚数が約2100万枚と決まっています。発行上限に達するのまだ100年以上先ですが、上限に達すればより希少性が高まり、現在よりさらに価値が上がる可能性もあります。

Q.最近話題になっているNFTゲームやNFTアートは仮想通貨とどう関係しているの?

Q.最近よく聞くDeFiとは何ですか?

A.定義は…DeFiとは分散型金融の略称で、主にイーサリアムを中心としたパブリックブロックチェーン上のピアツーピア金融サービスの総称です…。

と言っても難しいので少しわかりやすくすると、DeFiを使用することで、今まで銀行がサポートしている大半のことができます(利息の獲得、借入、貸付、保険の購入、デリバティブや資産の取引)などができるのがDeFiです。

DeFiは、分散型金融 (Decentralized Finance) の略称で、ブロックチェーン上に構築された分散型アプリケーション (DApps) を通じて提供されるピアツーピアの金融サービスの総称です。DeFiは、従来の中央集権的な金融システムに代わる新しい金融システムとして注目を集めています。

DeFiは、主にイーサリアムを中心としたパブリックブロックチェーン上で構築されており、スマートコントラクトを通じて自動的に実行されます。これにより、従来の金融システムにおいて中央集権的な機関が担っていた役割を、分散化されたネットワークが担うことができます。

DeFiには、以下のような特徴があります。

  • 開かれたシステム:DeFiは、誰でも参加することができます。システム上にコードが公開されており、誰でも自由にアクセスできます。
  • パーミッションレス:DeFiは、許可なしで参加することができます。ユーザーは、アプリケーションにアクセスするだけで、取引を開始することができます。
  • セキュア: DeFiは、ブロックチェーン技術を使用してセキュアに実行されます。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で暗号化され、分散化されたネットワークによって保護されます。
  • 透明性: DeFiは、ブロックチェーンの透明性によって、すべての取引が公開され、誰でも確認することができます。

Q.スマートコントラクトとは何ですか?

A.スマートコントラクトでは普段私たちの生活の中にある契約と同様にイーサリアムのようなブロックチェーン上で合意条件を取り決めることです。

スマートコントラクトは、ビットコインを支える基本概念を発展させたもの。

銀行などの「信頼できる仲介者」を間に介さずに送金や着金などのを行います。 スマートコントラクトは、どんなに複雑なものであっても、ほぼすべての取引またはトランザクションを安全に自動化および分散化することができます。

  • オークション:スマートコントラクトを使用して、商品を販売するオークションを行うことができます。スマートコントラクトは、オークションの開始、終了、落札者の決定、支払いの処理などを自動的に行います。
  • デジタルアセットの販売:スマートコントラクトを使用して、デジタルアセット(NFTアイテム)を販売することができます。スマートコントラクトは、支払いの受け取りとデジタルアセットの所有権の移転を自動的に処理します。
  • 電子署名:スマートコントラクトを使用して、電子署名を行うことができます。スマートコントラクトは、電子署名の検証を行い、署名が有効である場合にのみ取引を承認します。
  • 保険契約:スマートコントラクトを使用して、保険契約を締結することができます。スマートコントラクトは、保険金の請求、支払いの処理を自動的に行います。
  • 投票:スマートコントラクトを使用して、投票を行うことができます。スマートコントラクトは、投票結果を自動的に処理し、結果を確定します。
ペン
ペン

これらは、スマートコントラクトが使用される一般的な例の一部です。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で自動的に実行されるため、信頼性が高く、透明性があります。

Q.トークンとは暗号資産の意味であっていますか?

A.ほとんどあっていると言っていいと思います。しかし時間の経過とともに違う意味合いも追加されてきました。例えば(DeFiトークンガバナンストークン、非代替性トークン(NFT) )などです。つまり暗号資産のブロックチェーン上で動作するものを現在ではトークンと呼ぶようになってきています。

DeFiトークン

  • 分散型金融プラットフォームで利用されるトークンで、ユーザーがプラットフォーム上で行う取引やプロトコルの管理に使用されます。DeFiトークンは、プロトコルの使用料や報酬、ステーキングなどに利用される場合があります。

ガバナンストークン

  • ブロックチェーン上で構築されたプロトコルやプラットフォームの管理に使用されます。所有者は、プロトコルの開発やアップグレード、投票、意思決定に参加することができます。ガバナンストークンは、分散型自治組織 (DAO) の管理にも使用される場合があります。

非代替性トークン (NFT)

  • ブロックチェーン上で独自の識別子を持つデジタルアセットで、その所有権を証明するために使用されます。NFTは、例えばデジタルアート、音楽、ゲームアイテムなどのデジタルコンテンツの所有権を表すことができます。NFTは、他のトークンとは異なり、一意で交換可能ではありません。

みんなはどう思っているの?仮想通貨投資について!

Twitterを拝見していて、仮想通貨投資を理解していないネガティブ(詐欺に使われる)な内容のものもたまに見かけてしまいますが、必要性を意識したポジティブな意見も年々増え続けています。

Web3時代の到来とともにもっと「仮想通貨投資を始める人」が増えてくれることを願うばかりです★

仮想通貨ブログの「アフィリエイト」について!儲かるの?

悩む人
悩む人

仮想通貨を始めるのと同時に、仮想通貨のブログを始めたいと思っています‥どこから手を付けていけば教えてください!

ここまで仮想通貨・暗号資産の『口座開設』『基礎的な知識』をお伝えしましたが、仮想通貨を始める理由が【仮想通貨ブログで稼ぎたい】【仮想通貨のアフィリエイトをしたい】という方もいらっしゃるはずです。

そんな私ももちろん口座開設のリンクは「ASP」のアフィリエイト。これから仮想通貨ブログにチャレンジしたい方に向けて【仮想通貨のブログの始め方】についても解説しています。

ペン
ペン

実際にペンも開始3ヶ月ほどでブログ収益が1万円を軽く超えました!今までに他のジャンルでもアフィリエイトをしてきてますが、ここまで収益増が早いのははじめて!これはコスパのいい副業だと感じていますし、周りにもすすめています♪

以下の記事にて詳しい『仮想通貨ブログはじめ方手順』を解説しています

最新の投稿はコチラ★

すべて写真付きでわかりやすい!