【超初心者向け】スマホOpenSeaの始め方・メタマスクの接続と購入【オープンシーでNFTを買おう!】

cryppen-【初心者向け】スマホOpenSeaの始め方・メタマスクの接続から設定・購入・出品するまでを解説 アイキャッチ
悩む人
悩む人

NFTを作ってOpenSeaで販売するところまで知りたいです。手順を教えてください!

今回は世界最大の NFT マーケットプレイスOpenSea 」で無料でできる「スマホOpenSeaの始め方・メタマスクの接続と購入を紹介します。

少し手順が長いのですが、できる限り簡単に初心者の方にもわかりやすく写真を豊富に使って説明していきます、順を追っていけば確実にできるようになります。

この記事でわかること
  • OpenSeaを始める前に必要なこと
  • スマホからのMetaMaskアプリをダウンロード→設定
  • スマホからのOpenSeaでの設定
  • スマホからのOpenSeaとMetaMaskの接続

Twitterアカウント @cryppen_crypto

ペン
ペン

下の目次を開いて好きなところからよんでもOK!

\1,500円相当のBTCがもらえる/

今なら口座開設&入金で、全員に1,500円相当のビットコインをプレゼント中!9月30日までの期間限定キャンペーンなので、今がチャンス☆無料口座開設はお早めに。

スマホからのOpenSeaを始めるまでのロードマップ

これはOpenSeaでの購入をゴールとしたときに、まずは「OpenSeaを始めるまで」のロードマップです。

すでに仮想通貨投資を経験している方はメタマスクかOpenSeaのところからお読みください。

OpenSeaを始めるにあたり全くの初心者の方はまずは仮想通貨(ETH)の購入からはじめていきます★

はじめにイーサリアムの購入

今回の記事の目標が【OpenSeaでの購入】です。

ペン
ペン

OpenSeaでの売買の際には「ガス代」と言われる暗号通貨により支払いが必要となります。

まだ暗号通貨をお持ちでない場合は、「取引所を開設」して「ETH(イーサリアム)を購入」しておきましょう。

当サイトでは初心者の方にオススメしている取引所はコインチェック。以下の記事を参考に講座の開設をしてみましょう!

ペン
ペン

人気取引所のコインチェック以外にもテス料が安い【ビットバンク】など他の取引所の口座開設もしています。

MetaMaskアプリをダウンロード

OpenSeaの前にメタマスクのアプリをダウンロードしてセッティングする必要があります。

MetaMask - Blockchain Wallet
MetaMask – Blockchain Wallet
開発元:MetaMask
無料
posted withアプリーチ

MetaMask を設定

ウォレットをつくる(メタマスクアカウントセッティング)

メタマスクをダウンロードしたあとはセッティングして、お使いの取引所からイーサリアムをメタマスクに送金します。手順は以下の記事にて詳しく解説しています。

ペン
ペン

メタマスクの設定も少し長くなってしまうので別記事にまとめています。このページをブックマークして後でこのページに戻ってきやすいようにしておきましょう★

OpenSeaの始め方(メタマスクの接続)

OpenSeaのはじめ方は以下の2STEPです!まずはメタマスクとの接続からおこなっていきます。

①OpenSeaアプリをダウンロードとMetaMaskを接続する
③NFTを購入する

OpenSeaアプリをダウンロード

OpenSea: NFT marketplace
OpenSea: NFT marketplace
開発元:Ozone Networks, Inc.
無料
posted withアプリーチ


NFTを売るのには、OpenSeaとMetaMaskのアプリ・登録が必要です。
OpenSeaはNFTを売るプラットフォームで、MetaMaskはOpenSeaのウォレットと同期させて仮想通貨(イーサリアムなど)を管理します。

OpenSeaでMetaMaskを設定(接続する)


まずは MetaMaskのウォレットをつくります。

MetaMaskはOpenSeaのウォレットと同期させて仮想通貨を管理する機能です。

ペン
ペン

それでは【OpenSeaでMetaMaskを設定(接続する)】を解説していきます

ダウンロード後のOpenSeaアプリトップ画面。【Continue】をタップ★

Plofile】をタップ。

キツネマークの【MetaMask】をタップ。すでにダウンロードしてメタマスクのセッティングが終わっていると自動でMetaMaskとopenseaが接続します。o

確認画面が出るので【接続】をタップします。

再度OpenSeaのトップ画面。画像は「Unnamed」になっていますがここがOpenSeaのアカウント名、その下に自分のMetaMaskアドレスが表示されます。※下の画面では非表示にしてあります。

ペン
ペン

お疲れ様です!ここまでで【OpenSeaでMetaMaskを設定(接続する)】が終わります。購入のためのウォレット接続の準備が整いました★

ここまでくれば購入は簡単

【コインチェックNFT】始め方!登録から購入までスマホ・PCどちらも解説

難しいのはOpenSeaでの購入の準備をするところまで。

あとはOpenSeaの「Search」からお好きなNFTを選び「BY NOW!」でNFTの購入をしていきましょう!

補足① ガス代とは?

ガス(GAS)代とは、 イーサリアムのネットワークである、イーサリアムチェーン利用時に発生する手数料です。


OpenSeaは、基本的にイーサリアムチェーンを利用しているため、OpenSea利用時にGAS代が発生します。

ガス(GAS)代はイーサリアムチェーンの需要によって価格が変動し「Gwei」と呼ばれるGAS代の単位で管理されています。


イーサリアムのネットワーク上の取引量が増えれば増えるほど、Gweiが大きくなり、ガス代が上昇してしまいます。 取引量が減少すると、Gweiが小さくなり、ガス代は下がります。

ペン
ペン

入したNFTの価格よりも「ガス代」のほうが高く付く…なんてこともありますのでよく理解しましょう★

補足②openseaは危険?ニセモノ注意

二段階認証イメージ 【暗号資産取引所】2段階認証の設定法とで気をつけたいポイントとは?
ペン
ペン

NFT最大のマーケットプレイスであるOpenSea。NFTを取引される方々が一番利用されるマーケットプレイスです。

Googleで「OpenSea」と検索すると、上位の広告箇所に偽物のOpenSeaが出てくる事例が多々報告されています。

これは多くのNFTクリエイターやインフルエンサーの方も注意喚起されています。

偽物サイトにアクセスすると、MetaMask(メタマスク)のシードフレーズの入力を要求していきます。【絶対に入力してはいけません

MetaMaskのシードフレーズはいかなる場合でも他人に伝えるようなことはありませんのでご注意を。シードフレーズを要求してくる詐欺が多数報告されています。

NFTをかんたんに購入できるコインチェック

現在話題のOpenSeaなど海外のNFTマーケットを使うには、ウォレット(MetaMask)の設定や送金に手数料が発生したりと何かとややこしいという方は朗報です。

人気取引所の【コインチェック】では人気NFTがかんたんに購入することができます。以下の記事にて詳細をまとめていますので是非参考にしてください♪

まとめ

今回の記事では初心者の方向けに、「【超初心者向け】スマホOpenSeaの始め方・メタマスクの接続と購入」までを解説させていただきました。

全くの初心者の方(暗号資産の取引所の口座を持っていない)方には少し長い道のりになるかもしれませんが、今回の記事を参考にして手順通りに進めば目標の「OpenSeaでの購入」までできるようになるはず!

他にも仮想通貨やNFTに関する記事を多く掲載しています。ぜひ他の記事もお楽しみください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました