注目のWEB3企業FiNANCiE(フィナンシェ)その仕組みとサービスの使い方【FNCT】

WEB3注目企業と呼ばれることの多いFiNANCiE(フィナンシェ)

ホームページには「ブロックチェーンを活用したトークン発行型クラウドファンディング

ペン
ペン

一見すると事業内容やサービスが見えてこないと思います。今までの「クラファン」とは何が違うのか?なぜ今、FiNANCiE(フィナンシェ)が注目をあつめるのか?

今回の記事ではこの【FiNANCiE(フィナンシェ)】について、その事業内容・サービスの仕組みから、「モバイルアプリ」「フィナンシェトークン(FNCT)」のことまで解説していきます。

Twitterアカウント @cryppen_crypto

FiNANCiE(フィナンシェ)のIEOがもうすぐ始まる「コインチェック口座開設」がまだの方はすぐに準備しておきましょう。フィナンシェトークン(FNCT)を応援できます。

Coincheckのおすすめポイント
  • 国内最大級、18種類の暗号資産の取り扱い
  • 主要暗号資産はもちろん、人気の高いリスク、ポルカドットの取引が可能
  • 日本で一番簡単にビットコイン・イーサリアムを買える取引所
  • アプリのデザイン性・操作性が高く、投資初心者でも暗号資産をかんたんに売買できます♪
コインチェック

スマホでかんたん♪口座開設最短5分

FiNANCiE(フィナンシェ)とは?

FiNANCiE(フィナンシェ)とはスポーツチームやクリエイターがトークン(FT&NFT)を発行・販売することで資金調達でき、さらにはそのトークンを利用して、サポーターと継続なコミュニティを構築できる新世代(WEB3)のクラウドファンディングサービスです。

公式サイト>>https://financie.jp/

【Financie】名前の由来

「Financie」はフランス語で「焼き菓子」と「金融・資本家」という意味を持っています。

これからの時代の資本家は、「自分の夢を応援、協力してくれる仲間がたくさんいる人」また「他人の夢を応援する人」であると考え「FiNANCiE」と名付けられました。

FiNANCiE(フィナンシェ)サービスの仕組み・特徴

ここではブロックチェーン技術を活用したトークン型のクラウドファンディングサービス2.0『FiNANCiE(フィナンシェ)』についてそのサービスの特徴・仕組みをわかりやすく解説していきます

今までのファン以上のファンに

FiNANCiE(フィナンシェ)アプリで応援したい【プロジェクト・チーム・個人】のトークンを保有することができます。トークンを保有しているとコミュニティ内の投票に参加できたり、メッセージで直接意見や思いを伝えることができます。

ペン
ペン

つまり株式投資で例えると株主のような存在に簡単になれるわけです。このトークン購入や投票、メッセージは、すべてアプリ内で完結することができます。

トークンを保有して特別な特典をゲットしよう

アプリで応援したい【プロジェクト・チーム・個人】のトークン保有者限定の、スペシャルな特典を味わえることも!

現在サッカーやバスケットチームなどスポーツ関連のプロジェクト・チームが多いFiNANCiE。ただ観戦するだけでなく、さまざまな特典を受けられるスペシャルなファンへ。

トークンという新しい体験

あなたの応援が、単なる消費ではない資産(応援のため購入したトークンの価値が将来的に増える可能性も)にも繋がる新しい応援のスタイルです。

FiNANCiEは自分の「推し」の成功を一緒に体験ができる新スタイルが特徴です。

FiNANCiE(フィナンシェ)コミュニティーにトークンを活用する2つのメリット・生み出す価値

  • トークンに価値が生まれ「トークンエコノミー」が成立し、コミュニティでの共創活動ができる
  • トークンエコノミーにより、オーナーだけでなくサポーターにもメリットがある

仕組み自体は仮想通貨・暗号資産のトークンや株式投資の株主のようなものです。似ていますがさらに「距離感が近い・ファンという言葉に近い」新しいWEB3的な形なんです。

FiNANCiE(フィナンシェ)サービス紹介動画

FiNANCiE(フィナンシェ)のアプリ・使い方

ペン
ペン

ここからは実際にアプリを使っていきましょう。なんでも試してみる、それが理解への第一歩です。

FiNANCiE/フィナンシェ-クラウドファンディング2.0
FiNANCiE/フィナンシェ-クラウドファンディング2.0
開発元:株式会社フィナンシェ
無料
posted withアプリーチ

ダウンロードがまだの方は上記から無料ダウンロードできます。

アプリの登録・使い方手順

登録も5分もあれば完了します。

最初に、はじめての(新規)の方はゲスト登録をして、FiNANCiEに入り、メールアドレスかSNSの連携を行い登録完了となります。

ニックネーム】を決めます。※これはあとからでも変更可能とりあえずでOK

右下の【アカウント】をタップ

一番上の【メールまたはSNSを連携しましょう】をタップ、この登録をしておくことで端末がかわってもログインが可能となります

お好きな【SNS】を選択し連携させます

以下の画像画面が出れば【連携完了】です

早速【検索】からフォローすべき人を探してみましょう

FiNANCiEポイントの購入方法

FiNANCiEポイントを購入‥‥トークンを購入する前に、FiNANCiEポイントを購入します。参加したいコミュニティのトークンを購入する為に使用します。

ペン
ペン

決済方法は様々なものが用意されていて、とっても便利。

FiNANCiEポイントの購入は

  • クレジットカード
  • コンビニ決済
  • 銀行振込決済

あとはトークンを売却した際の売上金残高で購入することができます。

「ポイント」タブから入金方法を選択し、FiNANCiEポイントを購入してください。購入が完了すると履歴が表示され確認ができます。

※1FiNANCiEポイント=¥1です。
※入金には手数料がかかります。
※入金は1,000円以上から可能。

トークンの購入【購入手順】

トークン販売ではトークンが購入できます。

トークン購入の仕方

  1. オーナーのプロフィールページにある「マーケット」タブページへ移動します。  
  2. 購入したいメニューの「口数」に希望の口数を入力し、「購入へ進む」を選択します。
    ※入力した口数の値により「購入額」が変動します。 
  3. 「購入へ進む」を選択後、「購入内容確認」ページが表示されます。
  4. 購入メニューに間違いが無いか確認し、問題無ければ「購入を確定」を選択し購入を確定します。

トークン保有者限定コンテンツや様々なイベントへの参加ができるようになります。

投票(ガバナンストークン)でコミュニティの運営に参加

トークン保有者はコミュニティの運営方針やイベント、グッズを決める投票に参加ができます。

つまり株式投資における株主のような役割をもてるんです。

ペン
ペン

トークン保有数が多いほど意思決定に影響が大きくなります。

FiNANCiEで活動中のオーナー事例

サポートできるプロジェクトオーナーはスポーツチームが多いのですが、個人のオーナーさんもいます。その中でも面白く注目のプロジェクトをご紹介♪

箕輪厚介 村づくり プロジェクト

日本のどこかに、みんながハッピーになれる日本一の村を作ります!村づくり自体をエンターテイメント化計画。村人それぞれがやりたいことをできる、自由でオープンでフラットでハッピーな村づくりをみんなで実現したい!

箕輪厚介

1985年生まれ。2015年幻冬舎に入社後、編集者として次々とベストセラーを生み出す。一方で自身のオンラインサロン「箕輪編集室」を主宰。次は村づくりに挑戦する。

FiNANCiE(フィナンシェ)アプリ口コミ・レビュー

ここでは実際にアプリを利用している方の「声」を見ていきましょう。

普段絶対関われることがない方とかと普通に話せたりzoomとかできたりします〜アイドルだったりのオーナーさんもいますが、トークン買うとオーナーさんにお金が入るので、事務所的な問題はありそう。今は、フィナンシェの田中さん、前田さんがスポーツクラブのオーナー探しだったりフィナンシェの運営だったり頑張ってくれてますね(^^)運営以外のオーナーの方も定期的にインしてくれてる方とかは凄く好印象です〜

トークンを使ったクラウドファンディング。新しい応援の形。応援する方と応援される方。双方にメリットをもたらす新しいシステム。オーナーによってはブロックチェーンの勉強もできたり、FNTカードを入手できたり。自分の趣味興味に合わせてオーナーを選べます。とても楽しく勉強にもなります。コミュニティでおしゃべりするのも楽しいです。

夢を叶えたい人と応援したい人を繋ぐ仕組みが秀逸!素晴らしいアプリだと思います!

ィナンシェは新しい資金調達方法として広まりそうです。課金しなくても楽しめる、課金すれば投資目的でも楽しめるハイブリッド型のようなサービス

ただ、本質を理解していないと怪しいサービスと誤解されてしまうので大衆化するのは時間がかかりそうですね…

FiNANCiE(フィナンシェ)の公式ツイッター

最新のFiNANCiE(フィナンシェ)の情報は公式のTwitterから♪

FiNANCiE(フィナンシェ)の今後

IEOは人気の国内取引所であるCoincheck【コインチェック】にて実施予定となっています。「Coincheck IEO」の注目の第2号案件です。

IEOとは?

IEOは「Initial Exchange Offering」の略称で、企業やプロジェクト等が発行した暗号資産に対して暗号資産取引所が審査を行った上で、販売を行う仕組みです。資金を調達できるだけでなく、トークンを活用することでコミュニティの形成・強化しやすいのが特徴です。

人気の国内取引所であるコインチェックの口座をお持ちでない方は、早めに口座開設をして準備しておきましょう!

コインチェック
Coincheckのおすすめポイント
  • 国内最大級、18種類の暗号資産の取り扱い
  • 主要暗号資産はもちろん、人気の高いリスク(LSK)、ポルカドット(DOT)の取引が可能
  • 日本で一番簡単にビットコイン・イーサリアムを買える取引所
  • コインチェックの取引所は、アプリのデザイン性が高く、投資初心者でも暗号資産をかんたんに売買できます♪

フィナンシェトークン(FNCT)について

フィナンシェトークン【FNCT】

FNCTは、イーサリアムブロックチェーン上で発行された暗号資産です。FNCTは、FiNANCiEで発行されているコミュニティトークン同士を効果的に繋げられるようになり、コミュニティトークンの価値を長期的に向上させるためのプラットフォームトークンとしての役割を担います。

具体的には、FiNANCiEのユーザーに報酬として付与されたり、FiNANCiE上の優良なコミュニティが継続的に成長するためのインセンティブとして活用されたりすることを想定しています。

また、FNCTはFiNANCiEのエコシステム全体におけるガバナンスに参加できる機能も有し、「ユーザー主体の運営」の実現に寄与します。

»引用コインチェック

今回の記事のまとめ

今回の記事では盛りだくさんになってしまいましたが、FiNANCiE(フィナンシェ)について

解説させていただきました。少し長くなってしまいましたが、FiNANCiE(フィナンシェ)の概要や仕組みアプリの使い方、始まるIEOやFNCTについて理解していただけたと思います。

今後も目が離せない企業ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました