【NFTとは?】仕組みや活用の事例を初心者にもわかりやすく解説!

【NFTとは?】仕組みや活用の事例を初心者にもわかりやすく解説!
悩む人
悩む人

最近よく聞く「NFT」について詳しく知りたいです。NFTとはどういうことなんですか?

最近ではニュースなどでも「NFT」の売買についての報道なども目にするようになりました。今メルカリやインスタグラム、楽天などもNFTビジネスに動き出していて話題となっています。

ですが、理解するのがなかなか難しいのが「NFT」。ほとんどの方が、NFTの事をなんとなく理解はしているけど言葉にうまくまとめれないのが現状ではないでしょうか?

NFTの間違いで多いのが「暗号資産の種類」というもの…ここはけっこう勘違いしやすいポイントなんです…

ペン
ペン

そこで今回の記事では「NFTとはなんなのか」をパソコンなどが苦手な方にもわかりやすく解説していきます。

Twitterアカウント @cryppen_crypto

NFTとは何か?

ペン
ペン

ここから「NFTとは何か」を解説しますが、一度聞いて理解できないのが普通のことです!記事の全体を読み進めると何となく分かってくると思います。


NFT は「Non-Fungible Token 」の略で日本語では「非代替性トークン」といいます。

ブロックチェーン (情報を記録する技術の一種)上で発行されるトークンのうち、トークン自体に固有の値や属性をもたせた、代替性のないトークンのことです。

トークン(Token) とは直訳すると、「しるし」 「象徴」 などの意味ですが、ここでは従来の硬貨や紙幣の代わりに使う「デジタルマネー」投資目的の「NFT作品」を指す。

ペン
ペン

正直ここまで聞いてもよくわからないと思います…わからなくてもこの後読み進めてください。

NFT と暗号資産(FT)との違い

NFTに対して、ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産は、円やドルなど法定通貨のように代替できる (同じ価値のモノと交換できる) トークンなので、代替性のあるトークン (FT:Fungible Token) です。

つまり「暗号資産はNFTではない」のです。 暗号資産もNFTもブロックチェーン上で発行されるトークンなので仲間ではありますが「代替性があるかないか」の違いがあります。

NFT の持つ性質【唯一性】

NFT はデジタルなものですが「唯一性」という性質を持っています。

ペン
ペン

ここを読むとNFTについて理解できると思います!

ここでは様々な分野で革命を起こす「NFTの特徴」である 「唯一性」について解説します。


例えば、一枚のお札に印字してある、偽造を防ぐ目的の番号は全て違います。このお札のように、NFTには識別可能なコードがついています。

つまり、NFT にはそれぞれ唯一性(1つしかないこと) があります。

ペン
ペン

この「NFTの持つ唯一性が革命的」なのです!

アート界への NFTの「唯一性」について

今までは、デジタル化のできる物の場合、本物と偽物(コピー)は区別できませんでした。

つまりデジタルなアートは唯一性を証明することができなかったのです。

しかし、デジタルアートのデータをNFTにすることによってどのデータが本物か偽物かを誰もが証明できるようになり、データの作成者と所有者を記録することもできるようになったのです。

このNFTの性質により、今まで自分のデジタルアートに十分な価値を付与できていなかったクリエイターも、より適正な評価を受けやすくなります。

ペン
ペン

デジタルな資産の唯一性を証明することはこれからの未来を変える大きなきっかけになることをあなたは想像できますか?

今後、デジタル化できる商品を作るアーティストは金銭的な還元を受けやすく、売る側も購入者も安心してアートを売買しやすいNFT市場が大きく成長していくことが期待されています。

NFT を実現するブロックチェーン

NFTを支える重要な要素として、ブロックチェーンというものがあります。 この仕組みについて、簡単ではありますが解説します。

ペン
ペン

ここもNFTを理解するうえで、重要な要素です。せっかくNFTにしてもそれを誰かが改ざんできてしまったら無価値になってしまうからです。

NFTは改ざんできない?

NFTはブロックチェーン上にデジタルデータの改ざんを防ぐための鑑定書や所有証明書を記録することで「唯一性」を持ちます。

つまりブロックチェーンによって、NFTは価値を保つのです。ブロックチェーンでは、実施した取引を 「ブロック」に記録しています。

そのブロックに記録された取引履歴を過去から1本の鎖(チェーン)のようにつなげ、各ユーザーが共有します。

取引履歴の一部 (ブロックの一部) が改ざんされた場合、その影響は後続のブロックすべてに影響します。すなわち事実上、改ざんすることが不可能となります。

ペン
ペン

つまりNFTはブロックチェーンの技術により改ざんできないような仕組みになっているんです。今後アートなどの資産はNFT化することにより守られるんです。

こちらでも詳しく解説≫≫その前に知っておくべき基礎知識・P2Pとブロックチェーン

NFTは現在どんなものがある?

現在NFTとして販売されているものはこんなもの

  • アート
  • 音楽
  • ファッション
  • ゲーム内アイテム
  • メタバース内の土地
  • アバター
  • 不動産
  • 会員権
  • Twitterのツイート
  • 金融

上記はほんの一例で、今では様々なものが販売されています。

「なんでそんなものが…誰が買うの?」なんてものもあるかと思いますが、そこにはNFTとして販売する価値やニーズがしっかりあります。

ペン
ペン

さらに理解を深めるために少しNFTで販売されているものの例を見ていきましょう!

NFT アート

先程もお伝えしたように【NFT】によりアーティストが真っ当な評価を受けやすい時代がやってきました。

アーティストへのNFT化による「正しい評価と金銭的リターン」はアーティストを応援するファン・購入者にとって、本物であるという安心感を持って購入・所有することができるです。

同時に、ブロックチェーンがアーティストにもたらす価値は大きいです。

ブロックチェーンによって本物であると保証し、新たな価値を付与することで、今まで素晴らしいアートを創り出してきたアーティストが正しい評価を獲得し、金銭的リターンを得ることにつながるのです。

アーティストへの還元方法


アートの売買は一般的に、最初の所有者に販売した時しかアーティストに金銭的リターンはありませんでした。

しかしNFT の場合は、

その最初の所有者Aが次のBに転売するときや、BがCに転売するときにも、 その販売価格の一部をアーティストに還元できる仕組みを構築することもできます。

つまり最初の売買だけでなく、二次流通の売買の際にも、その売買の価格から数%(最大10%程度)クリエイターのお金が支払われます!

ペン
ペン

この仕組もNFTのすごいところ!注目を集める理由となっています。

しかもブロックチェーン上で管理されるため、人が管理する必要もなく不正も生まれません。 こういった点でNFTはアートと非常に相性が良く、 アートの可能性をさらに広げる「革命的な仕組み」と言われています!


高額で落札されるなどして注目を集めNFTの価値をお仕上げた「NFTアート」のいくつかをこの後ご紹介します。

CryptoPunks (#7804)

出典 opensea

最初に紹介するのはドット絵の「CryptoPunks 」です。なんと日本円で8億1,400万円で落札されたことで大きな話題となりました。

ペン
ペン

私がNFTを意識し始めたのも「CryptoPunks 」のアートがきっかけとなりました。

「CryptoPunks 」のドット絵アート


CryptoPunks (クリプトパンクス) は、デジタルキャラクターの画像で構成された初のNFT アートです。「Larva Labs」が2017年に発表しました。

CryptoPunks は、ファミコンなどの昔ながらのゲーム画面と似たデザインをしており、アート1つ1つの所有に関する情報がイーサリアムブロックチェーンに記録されています。

公開した1万個の24×24ピクセルの8ビット画像のNFT。そのうち男性が6039個、女性が3840個。加えて、緑の肌のゾンビや猿、エイリアンなども存在する。

CryptoPunks の高額落札例


過去にこのドット絵の1つが2021年3月に約 4,200イーサリアム (約8億1,400万円) というとてつもない金額で落札されました…購入者もこの価格を出すのがすごいですよね…

この金額で落札されたのは 「CryptoPunk#7804」で、帽子とサングラスを身に付け、パイプを吸っている青緑色の宇宙人の絵です。※ 見出しのOpenSeaの出典画像が#7804です。

これは最初・最古のNFTアートということと、なおかつ宇宙人の絵は9つしかないという希少性の高さもあり、このような値段が付いています。

Meebits 3Dアバター

出典 meebits.app

CryptoPunksに続き Meebitsも話題を集めています。3Dの個性的なキャラクターが特徴のMeebits を紹介。

Larva Labs の新プロジェクト


2021年11月には、国内の大手暗号資産取引所であるコインチエックが、先ほど紹介させていただいたCryptoPunksを手掛けたLarva Labs社の新プロジェクトである 「Meebits (ミービッツ)」 の取扱いを開始し注目を集めました。


Meebits には合計2万体ものキャラクターが存在しています。3DのキャラクターであるMeebitsを手に入れた人は、メタバース上のアバターや、アニメのキャラクターとして使用することができます。

Meebits のキャラクターは上の写真でわっかるように「Meebits タイプ (ロボット、ガイコツ、人間)」 と 「属性 (イヤリング、帽子、メガネなど)」が異なります。

タイプや属性によって発行数に差があるため、発行数が少ない (=希少価値が高い) キャラクターほど販売価格が高額となります。

Larva Labs社の期待の新プロジェクトであること、NFT アートの人気やメタバースへの期待から、 Meebitsの価格は高額な取引額となっています。

NFT ×音楽

今まで過小評価を受けてきたミュージシャンも、 NFT によって正当な評価を受ける機会が増えてきました。

ストリーミング再生が全盛の現代では、多くのミュージシャンがSpotifyなどの音楽配信サービスで音楽を配信し収入を得ています。 このストリーミング再生による収入で生活できるのはごく一部の有名アーティストだけ。

利用される楽曲の多くは上位1%の人気アーティストのもので、充分に稼げるチャンスは少ないのが現状です。

ペン
ペン

年間100万回以上再生される中堅レベルのクリエイターでも、 月々の収入は数万円にしかならないとされています…アーティストたちはライブが収入の柱だったのですが、これもコロナの影響を強く受けてしまいました…

ところが、音楽をNFTにしたNFTミュージックは、資産性の高さも期待されることから、多額の金額で買い取られているケースもあります。

さらに、楽曲の所有権が売買されるたびに、その楽曲を作ったミュージシャンに、 販売価格の一部を還元できる仕組みを構築することもできます。

NFT × ファッション

NFTはゲームや音楽だけでなく、ファッションの世界でも活用されています。 いくつか事例を紹介します。

ここでいうファッションは実世界のものではなく、 メタバース上で楽しむファッションとなります。例としてあげれば、アバターにハイブランドのロゴの入った服を着せるなどです。

例えばルイヴィトンやグッチといったブランドは、既にNFTを作成し販売・展開しています。一方でグッチは、イギリスの NFT アートオークションに、 デジタルアニメーション化したNFT アート作品を出品しました。

他にもナイキのNFTスニーカーが高値で取引されている事例もあります。 このように、 実世界で多くのファンを持つブランドが NFTを採用したり、新しいファッションブランドがNFTによって誕生しています。

NFT ×不動産?

一見関係のない用に感じる、実世界の不動産業界にも大きな影響がでています。

NFTやブロックチェーンは改ざんできないことから、複雑で時間や人手のかかってしまう権利関係の手続きにも有効です。

ブロックチェーン技術によって不動産販売をオンライン上でもスムーズに行うためのサービスを提供する「Propy 」は、 実際の物件をNFTとしてオークションにかけ販売することに成功しています。

ペン
ペン

あれだけ手続きの書類や手間、時間の取られる不動産の売買による手続きもNFTで簡素化できます!

NFT関連の偽サイトや詐欺に注意

現在とても騒がれているNFTの市場ですが、NFTビギナーを騙す悪質な詐欺が頻発しています。素人目では区別がつかないメジャーサイトとそっくりなNFTを売買する偽サイトがあります。

ペン
ペン

では詐欺にあわない為に、どんなことに注意していけばよいかを解説していきます。

偽の MetaMask, OpenSea

これは NFTに限ったことではないですが、偽サイトに重要な情報を入力するのは絶対に避けましょう

メガバンクのネットバンキングやAmazonなどのECサイトなど、誰もが知っているような銀行や通販サイトに似た画面を用意し、メールやSMSなどで近づき、信じ込ませてメールアドレスやパスワードを入力させる手口はよくあります。

この場合、 お金を盗られるだけでなく、 あなたの個人情報が色々な手段で悪用されてしまうかもしれません。

NFT関連のサイトだと、MetaMask や OpenSea の偽物が出ています。 しっかりとURLなどを確認するようにして、公式サイトか確かめてから利用するようにしましょう。

まとめ

今回の記事では「NFTとは?」という初歩的なことから、その仕組や活用例までご紹介させていただきました。

最後までお読みになっていただけた方なら、NFTの大枠はわかっていただけたのではないかと思います。

まだ将来的な可能性や広がりを感じさせる「NFT」今後もその黎明期の目撃者となっていきましょう!

ペン
ペン

最後に各国内取引所の口座開設の手順を説明しているリンクを張っておきます。ぜひ口座開設の手順確認などの参考にしてくださいね★

コメント

タイトルとURLをコピーしました