はじめてのビットコイン投資と買い方・売り方の知識【初心者向け】失敗例もご紹介

はじめてのビットコイン投資と買い方・売り方の知識【初心者向け】失敗例もご紹介 仮想通貨ブログ
悩む人
悩む人

ビットコイン投資をはじめたいのだけど最低限身につけるべき知識はなんだろう…

購入するのは簡単にできますか?

クリプト・仮想通貨投資」を始める前は少しの知識が必要です。

皆さんが始めるにあたり不安に思うことは失敗や損をしないで始めることができるのか?投資で損をしてしまわないか?だと思います。

せっかく自分で稼いだお金を「無駄に使うこと」は誰もしたくないはずです。

今回の記事では「ビットコイン投資の始め方」と「効率的な投資法2つ」についてお伝えしていきます。

※初めてビットコインを買う人が引っかかりやすい【間違い】と言うものがあります。

ペン
ペン

実はペンも最初は知らなくて損してしまいました…

皆さんはそうならないように、「より効率的に利益が出やすい買い方」「売り方」を紹介していきます。正しい方法を勉強していきましょう!

最初のステップとして「ビットコイン購入」において大切な3つのことについて。

  1. ビットコイン投資を始めるために必要なもの
  2. ビットコイン投資の正しい始め方
  3. オススメの取引所

今回一番重要なのは②の「ビットコイン投資の正しい始め方」。

それに、プラスして「ビットコイン投資の失敗例」までお伝えしていきます。

ペン
ペン

そのために前準備として最初にビットコイン投資を「始める前に必要なもの」についてお伝えしていきます。

Twitterアカウント @cryppen_crypto

まだ口座開設がお済でないかたはコチラをチェック☆

ビットコイン投資を始めるために必要なもの

まずビットコインの投資に必要なものは「資金」と「取引所の口座」の2つ。

当然お金を増やすための資金が必要です。「資金についていくらあればいいですか?」と疑問に感じる方もいると思いますが、投資はなくなっても困らないお金「余剰資金」でやると良いと言われています。

余剰資金とは

  • 手持ちのお金(資産)のうち、生活費や非常時に備えて残しておくお金を差し引いた資金で、「当面使う予定がないお金」のこと。 または、多少減ってしまっても生活に影響を与えないお金のことを指します。

ビットコインは波のように相場があります。100万円で買ったビットコインが明日は90万円になることもありますし、逆に増えて110万円になる可能性だってあります。

値段が下がった時に自分がいくらまでなら「損しても大丈夫」として認められるかイメージしてみるといいと思います。

「これがなくなったら生活できなくなる…」て言うのは投資ではなくギャンブルです、投資をする際は無理のない範囲にとどめましょう。

中にはいきなり「大きいお金を投資」するのは怖いという方もいると思います、しかしビットコイン500円からでも投資することができるんです。

ペン
ペン

「じゃあちょっと試しに買ってみようかな」っていう参加のしやすさ、ハードルの低さはビットコイン・仮想通貨投資のいいところだと思います!

ビットコイン投資の正しい始め方

そして2つ目に必要なものそれは取引所の口座です。取引所というのはビットコインを売ったり買ったり、相場を確認できる場所です。

株でも証券口座が必要です。その暗号資産・仮想通貨版が「取引所」となります。

日本で有名なのは「コインチェック」とか「ビットフライヤー」「DMMビットコインとかです。テレビやインターネット広告をよく見かけますよね。

後の項目でも詳しく解説しますが、はじめは有名な取引所から選ぶことをオススメしています。

ビットコイン投資を始めようと思ったらまず「口座を開設」することから始めます。

口座開設が完了するとビットコインを買えるようになります。口座開設は「誰でも無料」でスマホからできますので名前とかメールアドレス・身分証明をできるものを持っていればOK です。

口座開設が完了するのに最短で次の日から取引を開始できます。とっても簡単ですよね。

ペン
ペン

「仮想通貨・暗号資産の投資」は「株の投資」よりも始めるのが簡単!手順なんかも今っぽくて若い人向けかもしれません!

口座開設がこれからの方はこちら記事を参考にしてください。

コインチェック

ビットコインを買うためのスプレッドとは?

次にお話するのは「ビットコインの取引の仕方」です。

特に初めてビットコイン買う時です。「知らない人が実は損する」ことがあります。

なのでそうならないようにこれをお読みの皆さんに「正しいビットコインの買い方」をお伝えしようと思います。

ペン
ペン

ここからがとても大事なお話です!

ビットコインを買ったことある人は経験があるかもしれませんが、なぜか買った瞬間に購入金額よりも減ってると言う事があるんです。

私もそうだったことがあって「買うタイミングが悪かった?」って思ってしまいました。

しかし実は取引所の仕組みがそもそもそうなってるんです。具体的に数字を見るとわかりやすいと思うのでこちらをご覧ください

仮想通貨取引のスプレッドとは?

この差額がどうなっているかというと、これが「取引所の儲け」になっているんです。

この購入額と売却額の差のことを「スプレッド」と言います。取引所はスプレッドを設定することで利益を得ています。

だから買う値段は少し高めに、売る値段はちょっと安めに設定されています。このように取引所が提示する価格で売買するところは「販売所」と呼ばれています。

しかし販売所で買うしかないんですかっていうとそんなことはありません。

取引所」を使えば「販売所」を使うよりお得に売り買いをすることができるんです。

ちょっと紛らわしいのですが、一般的に取引所と呼ばれる場所では二つの取引方法があるんです。

それが「販売所で購入する方法」と「取引所で取引をする方法」です。

ペン
ペン

より効率的に利益を求めるのであれば「取引所」を使うことをオススメします。

取引所と販売所での取引の違い

取引所というのは販売所のような【お店とお客さんとのやり取り】ではなくて、【お客さん同士のやりとり】になります。

そうすると何がいいのかというと利益を乗せる必要がないのでより効率の良い価格で売ったり買ったりすることができるんです。

ペン
ペン

つまり販売所で買うよりも安くビットコインを安い価格で買ったり売ったりできるということなんです!

もちろん売るときも取引所で売った方が高く売ることができますので、より効率的な売買ができるということです。「知らなかった!」という方は取引所で売買してみるのもいいかもしれませんね。

ドルコスト平均法という投資方法

次はおすすめの買い方、2つ目【ドルコスト平均法】をご紹介します。

ペン
ペン

これは「短期投資」というよりも「長期投資」に向いた投資法です。

それが「ドルコスト平均法」とは簡単に説明すると「コツコツ定額を買っていきましょう」ということです。

例えば毎月必ず1万円がビットコインを買っていくとか、このドルコスト平均法は投資の基本です。「金」でもそうですが「価格変動がある資産に投資する際に有効な投資方法」になります。

ドルコスト平均法とは

  • 毎月一定の金額を一定期間継続して投資する方法で、ビットコイン積立の場合、毎月決まった金額の日本円をビットコインに換算して購入します。そうすると、仮想通貨の価格が上下しても円の購入金額は変化しないので、割高な相場で購入しても購入量を抑えることができます。また、割安の相場で購入した場合は、低価格で多くの仮想通貨を購入できるので価格が上昇した際により多くの利益が得られます。

引用 bitcoin.dmm.com

このメリットって何かと言うと、コツコツと定額で買っていくことで、購入単価が標準化されるので価格変動のリスクが小さくなっていくことなんです。

なので高いところでいっぱい買って値段が上がらずにそのまま塩漬けにっ…というリスクを低くすることができます。

ペン
ペン

毎月1万円だけなど、決まった額を投資するので比較的に心が穏やかでいられますし、そもそもが長期投資が目的で買ってますから、1週間とか1ヶ月の価格変動で一喜一憂しなくて済むようになります

仮想通貨積み立てをシュミレーション

GMOコインのサービスで暗号資産(仮想通貨)を積み立てていた場合の、簡単なシミュレーションが行えます。

利用はとても簡単で積み立てたい銘柄、期間、金額を選ぶだけ★

毎月500円分のビットコインを5年間積立をすると…

毎月3000円分のビットコインを5年間積立をすると…

毎月3000円分のビットコインを10年間積立をすると…

ビットコイン投資での失敗例

ペン
ペン

もちろん仮想通貨の世界は「やれば必ず儲かる!」的な甘い世界ではありません。こんなビットコイン投資は失敗する…という事例も合わせてみていきましょう。

借金して投資しまった

借金をしてしまい投資してしまうケース。

日本で仮想通貨は一時的にブームになり、その熱狂に充てられて「仮想通貨の将来性は絶対、借金をしてでも投資したほうが良い」というような言葉に惑わされた人もいました。

投資の世界に絶対に儲かるというものはありません。多かれ少なかれ多少のリスクは存在するものです。

ペン
ペン

仮想通貨の世界に確実あことはありません。余裕資金で投資をするようにしましょう。

資産管理がうまくいかなかった

頻繁に売り買いをする方で、資産管理がうまくいかず損失を被るケースがあります。

保有する通貨が多ければ多いほど、変動による大きな損失を避けるため、チェックする労力は増えますし、売り買いをする方は、結果的にミスや手数料も増えるためです。

ペン
ペン

メリットでもありますが、仮想通貨は夜中でもトレード可能です。自分が寝ているときや、仕事で時間に余裕のないときに価格が下がってしまい、慌ててしまい、損切りすらできずに大損をしてしまうのです。

ビットコイン投資で失敗しないためのルール

ビットコイン投資で失敗しないためのルールは3つ

  • しっかり仮想通貨について基礎の勉強をする
  • 自分なりのトレードルールを決めておく
  • 市場や情報をよく見る

何事も基礎は大事ですよね!ネット上で情報収集するときも、基本的な用語が分かっていないと間違った内容・情報を覚えるかもしれません。

ペン
ペン

すぐに行動に移したい人もいるでしょうが、まずは何事も基本から始め、情報収集を怠らないようにしましょう。

あとは損失を最小限に抑えるためにはトレードマイルールを決めておきましょう

いくらになったら売る(損切り)など自分の中のルールをしっかり決めておくことで周りや、相場に惑わされずにすみます。

初めての暗号資産・仮想通貨取引所選び

仮想通貨・暗号資産投資の初心者の皆さんがビットコイン始めたい買ってみたいけど、一体どこの取引所を使ったらいいんだ?とこの疑問があると思います。

これも結構聞かれるので、今回の記事では「おすすめの取引所」を簡単に紹介したいと思います。

ペン
ペン

暗号資産取引所って現在日本だけでも「30社以上」あります。

なのでもう結論から言ってしまうと、「コインチェック」・「ビットフライヤー」この2社は初めてビットコインを買う方でも使いやすいと思います。

この二つの取引所は、スマホから操作のできるアプリの使用感や、パソコン画面でのサイトの見やすさや他の取引所よりも優れています。

「コインチェック」がオススメと言うと驚く方がいるかも知れません…過去に一度ハッキングで資金を盗まれてすごいニュースになっていました。

コインチェック事件とは

  • 2018年1月26日、仮想通貨取引所「Coincheck」が外部からのハッキング攻撃を受けたことによって、580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が盗難された出来事のことを指します。真相は定かではありませんが、いくつかのメディアで北朝鮮によるハッキング犯行説が取り沙汰されて話題となりました。

しかしコインチェックは被害にあった顧客の資産を全部賠償していますし、セキュリティなども万全に整えて再スタート出来てます。なので安心してもらっていいかなと思います。

安心で言えばもう一つ。日本の法律では仮にお金やコインをを盗まれてしまったとしても、取引所がお客さんの資金を保証するという義務があります。なのでよく「暗号資産・仮想通貨は危ない!」など話している方もいますが安心して取り引きを開始して大丈夫です。

ペン
ペン

こういう投資家を守るルールづくりっていうのは日本はかなり進んでるんですね!

ビットコイン投資の詐欺もある?

出典https://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/crypto.html

仮想通貨に関する相談は年々増えているようです。

国民生活センターによれば、2021年で4662件の相談があったとのデータが公開されています。

近年メタバースやNFTなどの影響などで仮想通貨の認知度は日に日に高くなっています。その分、詐欺をおこなう事業者も増えているのです。

ペン
ペン

事例をみていきましょう

マッチング・婚活などのアプリからの詐欺

婚活サイトやマッチングアプリ・SNSで知り合った人に海外の仮想通貨取引所を紹介され、そこに入金したら返ってこなくなるケースが多数報告されています。

見ず知らずの人に必ず儲かると言われても信用などはせずに、スルーするのが一番の回避策です。

コミュニティから誘いを受けるケース

インターネットの投資コミュニティに入会し、「これから上場予定の仮想通貨を購入すれば最低20倍になる」と言われてお金を振り込んだが、担当者と連絡が取れなくなった。

ペン
ペン

儲け話には何か裏はないのかなど疑うことも大切です。家族や信頼の置ける人物であったとしても、情報の見極めができない場合はやめましょう。投資は自己責任なのです!

今後のビットコインの価格は?

今後のビットコインの価格に関してこれは個人的な意見になるのですが、私はまだ上がると思っています。

その理由としてはビットコインは今投資商品として世界から注目され続けています。特に「ビットコイン ETF」 というものが注目されてます。

「ビットコイン ETF って何?」ということを説明すると長くなってしまうので、そういう金融商品投資商品があると思っていただければと思います。今回は割愛させていただきます。

ペン
ペン

この「ビットコインETF」の何がいいのかと言うと機関投資家つまり銀行とか保険屋さんとか投資のプロの人たちのお金がビットコインに流入してくることになります。

多くの人や大きなお金をもったプロがビットコインを買えば、価格上昇にも影響可能性が大きくなります。

そうなればさらにコイン価格が増える可能性がでて、その影響でさらに買う人が増えては最高価格の更新なんてことも十分あると思ってます。

まだ仮想通貨・暗号資産取引所の口座開設がお済でない方は以下の記事から↓

まとめ

ここまで「ビットコイン投資の正しい始め方、買い方や売り方」についてお話ししてきました。

簡単にまとめます。

まず始めるには軍資金(余剰資金で)と取引口座を用意しましょう。取引は500円からでもできます。

そしておすすめの買い方をご紹介しました、今回一番大事なのはここですビットコインを売買する時は販売所ではなくユーザー同士の取引である取引所を使うことで、より効率的な価格で売買をすることができます。

今回は盛りだくさんな内容になってしまいましたが、さらにプラスの投資方法としてドルコスト平均法をご紹介。

これからビットコインの価格は上がっていく可能性があると私は予想しているので「コツコツと今のうちから貯めておこう!」と考えています。

ペン
ペン

それでは今後もビットコインの投資を続けていきます。最後までお読みいただきありがとうございました。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました