本当に儲かるの?暗号資産投資をする理由、メリットデメリットや3つの入手方法

本当に儲かるの?暗号資産投資をする理由、メリットデメリットや3つの入手方法 仮想通貨ブログクリッペン
疑問な人
疑問な人

なぜみんなは数多くある投資先の中で【仮想通貨での投資】を選ぶんだろう?そんなに儲かるのか知りたいです‥

数ある投資先の中で、なぜ今「暗号資産・仮想通貨」が盛り上がっているのでしょうか?

CMやネット広告なんかも頻繁に目にしますが、それだけ多くの方が「暗号資産という投資先」に関心を寄せている証拠です。

今回の記事では初心者の方に向けて「暗号資産投資をする理由メリットデメリット」やその入手方法(買い方やもらい方)をお伝えしていきます。

Twitterアカウント @cryppen_crypto

なぜ暗号資産に投資する?その理由

2017年に起こったビットコインを代表とする暗号資産のバブルにより、いわゆる 「億り人」 と言われる、「暗号資産の資産価値が数億になったという人」も日本国内にも大勢います。

「自分も一発逆転の億り人になる!」という雑誌広告、インターネット広告も目にする機会があると思います。

この「魅力的な広告」が人を引き付けている「一つの理由」であるのは間違いありません。

ペン
ペン

なぜ今暗号資産は投資対象として高い関心を持たれているのでしょうか。広告のせいだけではない気がしますね…

もっと深ぼって考えていきましょう!

暗号資産が注目される理由 スマホによる取引と気軽さ

暗号資産の取引所は、 2010年に初めて誕生以来、世界各国に暗号資産の「取引所」が作られました。

その結果、暗号資産は個人でもパソコンやスマホを通じて簡単に取引ができるようになり、気軽に始められる投資対象として認識されるようになっていきました。


その後2016年に入ると、 暗号資産の価格は右肩上がりで上昇し始め、 さらに2017年にはその価格が高騰(仮想通貨バブル)したことから、一気に世間の関心を集めることになったのです。

ペン
ペン

ビットコインバブル」「仮想通貨バブル」という言葉もこの頃生まれました!

あとは他にも、「低価格な金額から投資を始められる」という点もあります。

500円からビットコイン投資」などの広告を使っている取引所もあり、まだ所得の少ない若者の投資参入が増え続けているのも事実。

今までの投資への常識を変えるほどの【気軽さ】も理由の一つと言えます。

暗号資産に投資するメリットデメリット

【仮想通貨ブログ】Cryppen 写真

暗号資産には、他の金融商品とは違う様々な「魅力的なメリット」があります。

一番のメリットは、 何と言っても「ボラティリティ」が大きいことです。

ボラティリティとは一般的に価格変動の度合いを意味する言葉で、【ボラティリティが大きい=価格変動が大きい】ことを意味します。

下の写真は直近の一年のびとコイン価格を表したもの、最高で1BTC=700万、低いときで1BTC=350万を下回っています。

出典コインチェック 2022年5月ビットコインコイン価格 1年間

価格変動が大きいということは、 それだけ「大きな利益が見込める」可能性があるということになります。

たとえば為替相場の場合、 ドル円で1日に3%の変動幅があると、市場は乱高下していると皆感じてしまいますが、 暗号資産であれば1日に約5%程度の変動幅はむしろ普通です。

ペン
ペン

時には1日10%以上変動することもあり、うまくその波に乗り【売り買い】ができれば大きな利益を得ることも可能なのです。

他にもメリットとして

  • 24時間365日取引可能】であることや、さまざまな【シーン・用途】での活用は魅力ではないでしょうか。

また、暗号資産は投機的な手段としてだけでなく、決済手段やゲーム・NFTとしても世の中に広く浸透していることなど、 その「将来性もメリットの1つ」と考えられるかもしれません。

暗号資産に投資するデメリット


メリットで書かせていただいたボラティリティが大きいというポイントですが、 一方でこれはデメリットでもあると言えます。

大きく利益を上げるチャンスがあるということは、大きく損をする可能性も高いということです。 先程のビットコインのチャートの乱高下を見ると明らかです。

つまり価格がピークのときに大きく購入すると下がってしまったときに損をします。

流動性リスクも、 暗号資産のデメリットであると考えます。 流動性リスクとは、売買が極端に少なくなることで取引が成立せず、 売りたいときに売れない可能性があるということです。

ペン
ペン

株式や他の金融商品に比べると、その取引量の関係から暗号資産の流動性リスクは高いと言われています。

暗号資産投資メリット

  • 送金が簡単で、すぐにに反映される
  • 送金手数料が安い
  • 取引記録の改ざん(不正操作)が難しい
  • 数百円から購入できる

暗号資産投資デメリット

  • 価格変動(ボラティリティ) が激しい
  • 決済に使える店などが少ない
  • 価格を保証するものがない
  • ハッキングのリスクがゼロではない

暗号資産の3つの入手方法


暗号資産を入手するには複数の方法が存在します。

ここでは暗号資産の代表的な入手方法として【3つの代表的な例】をご紹介していきます。


ネット広告やTVなどをみて暗号資産を手に入れたいけれども、どのようにして手に入れればいいのかわからないという人も少なくありません。

特に投資の未経験な方は未知な領域に不安も感じるはずです。

多くの人は、暗号資産は取引所で購入するものと考えていると思われますが、 実は暗号資産を手に入れる方法は取引所・販売所での購入だけではありません。

各取引所のキャンペーンなどのサービスで暗号資産を無料で手に入れることができたり、 マイニングをすることで暗号資産を手に入れたりすることもできるのです。

ペン
ペン

購入で手に入れる方法、 キャンペーンで手に入れる方法、マイニングで手に入れる方法をさらに詳しく紹介します。

取引所で購入する


暗号資産の入手方法で最も一般的で、初心者の方にオススメな手に入れ方は、 取引所で暗号資産を購入することです。取引所というと、 株式の売買が行われている証券取引所のようなものを思い浮かべるかもしれません。

証券取引所では不特定多数の参加者同士の取引を仲介するのが一般的ですが、 暗号資産の取引所は、そのような仲介の他に、 取引所自体が所有する暗号資産を売買することもでき、前者を「取引所」、後者を「販売所」と言います。

ペン
ペン

ココを理解することは暗号資産投資をする上でとても大事なので覚えよう!

  • 取引所…不特定多数の参加者同士の取引を仲介してくれる所
  • 販売所…取引所自体が所有する暗号資産を売買する所

取引所によって取り扱う暗号資産の種類が違ったり、取引の際にかかってしまう手数料にも差があったりしますので、取引所は比較検討して自分に合った所を利用するのがよいでしょう。

初心者の方は迷わず【コインチェック】がオススメです。理由も以下の記事で詳しく解説しています。

キャンペーンなどでもらう


暗号資産を入手するには「誰かからもらう」という方法もあります。キャンペーンなどで、アンケートに答えたり、買い物をすることで「ビットコインをプレゼント」といったものなどがあります。

ペン
ペン

他にもAir Dropといって、運営元が広告宣伝(認知活動・マーケティング)のために行っている暗号資産トークンの無料配布があります。

多くが無名なアルトコインですが、アカウント作成やメール登録、SNSでのフォローなど様々な条件でお金をかけずに暗号資産を手に入れることができます。

コインの無料配布には「詐欺」の事例もあるので、手に入れたコインの売買には慎重に行動しましょう。

以下の記事では無料で手に入り「リスク0で始めることができるビットコイン(仮想通貨)投資」をご紹介しています。

マイニングをする


マイニングとは、 取引の情報を記録したブロックの作成と、そのブロックの検証を行うことです。

この作業がなければ暗号資産による決済システムは成立しないため「マイナー」と呼ばれるマイニング参加者には、マイニング作業に応じた報酬が支払われます。

ペン
ペン

2022年時点での、ビットコインマイニングの報酬額は、6.25BTC!

現在に価格で3,000万円ほど…驚きの報酬額です!

このマイニングによる報酬は暗号資産で支払われるため、マイニングをすることにより暗号資産を入手することができるわけです。

ただマイニングには専門的な知識や機材が必要になるため、誰でも簡単に暗号資産が入手できるといったわけではありません。

暗号資産の売買方法


先ほどお伝えさせていただいた、暗号資産の売買の方法には、「取引所」と「販売所で」それぞれに違いがあります。

大事なので、ここでもう一度振り返りで

ペン
ペン

しつこいようですが、ここを理解することで無駄な出費をなくすことができまのでしっかりと理解しましょう。

  • 取引所…不特定多数の参加者同士の取引を仲介してくれる所
  • 販売所…取引所自体が所有する暗号資産を売買する所

ここでは取引所・販売所それぞれでの「暗号資産の売買方法」と、 取引所における「2つの売買方法の違い」について解説していきます。

取引所での売買方法 【指値注文】


指値注文とは、自分が買いたいもしくは売りたい「価格を指定する」注文方法です。市場の取引価格が指定した金額になると売買が成立します。


逆に言えば、市場が自分の指定した金額にならなければ売買が成立しないので、指値注文の場合には取引の成立までに時間がかかったり、場合によっては取引自体が成立しないといったこともあります。

一方で取引が成立すれば自分の希望した金額で売買することができますし、 他の売買方法よりもよい条件で売買できる可能性があるなどといった利点もあります。

取引所での売買方法【成行注文】


「成行注文」とは、指値注文のように「売値や買値を指定せずに売買する注文方法」です。

成行注文は約定を優先する取引のため、 買い注文を出すと、そのときに取引所に出ている最も安い価格で購入することになり、売り注文を出すと、そのときに取引所に出ている最も高い価格で売却することになります。


指値注文と違って必ず売買が成立するので、 買い損ねるといったことはありませんが、最終的な購入価格は売買が成立するまでわからないため、自分が思っていた価格と違う価格で売買されてしまうリスクもあります。

ペン
ペン

指値注文、成行注文は投資の基礎。この2つの違いは覚えておきましょう!

販売所での売買方法


先ほどお伝えしたとおり販売所では、「暗号資産の取引所」と売買を行います。

取引所と違い売買価格が固定されているため、取引所よりも単純に売買を行うことができ、 初心者にも簡単に売買がおこなえます。

ほとんどの販売所は、そのときの相場に応じて購入価格と売却価格が定められていますので、 取引所のように利用者が金額を指定することはありません。

利用者は希望する「購入数量」もしくは「購入金額」を入力すると、 自動的に購入総額もしくは購入総数が表示され、そのまま購入することができる仕組みになっています。

まとめ

今回の記事ではこれから暗号資産投資を始める人に向けて【暗号資産投資をする理由、メリットデメリットや3つの入手方法】と題してお話させていただきました。

はじめての方はまずはキャンペーなどをしているかを確認して、お得に「新規口座開設」で暗号資産を手に入れるのがオススメです。

コインチェック

時間も最短で10分ほどで口座開設も完了しますので、暗号資産投資の第一歩を歩んでみてください。

3年連続 アプリダウンロード数No.1国内取引所≫≫コインチェック

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました