マイニングとは?暗号資産・ブロックチェーンとの関係性をわかりやすく解説

マイニングとは?暗号資産・ブロックチェーンとの関係性をわかりやすく解説 仮想通貨ブログ
悩む人
悩む人

暗号資産・仮想通貨の言葉でマイニングってどういう意味?

それって投資をしている人にも影響はある?

暗号資産を語る上の大切な作業【マイニング

実はこのマイニングは一般的な暗号資産の取引(投資)をする方にも関係が大きいため、基礎知識として勉強しておきたいポイントです。

ペン
ペン

普段生活をしていて、マイニングについての世間話をする機会ってありませんよね…

なので自分でネットを使い調べていくしかありません…

今回の記事では暗号資産の【マイニング】について初心者の方でもわかりやすく解説していきます。

この記事でわかること

  • マイニングとは?
  • なぜマイナーが存在するのか?
  • マイナーの歴史
  • マイナーの他の役割

Twitterアカウント @cryppen_crypto

マイニングとは?


マイニングは、暗号資産の「決済システムを正常に動作させるために必要不可欠な作業」です。

ではマイニングとは具体的にどのような作業で、 マイニング参加者はなぜその作業に参加しているのでしょうか?

ペン
ペン

疑問に感じますよね…その辺も詳しく解説していきます。

マイニングとは
暗号資産は、一定期間ごとにすべての取引を台帳 (ブロックチェーン) に記録しますが、 ブロックチェーンに不正のない正しい取引が記録されるように、参加者はブロックを作り出し、 他の人の作成したブロックをチェックしています。 この一連の作業を「マイニング」と言います。

つまり、マイニングとは「ブロックの作成」と「ブロックの検証」 を行うことで、その参加者を「マイナー」と呼びます。

暗号資産には銀行のような「管理者」がいないため、 マイニング参加者がブロックチェーンという取引台帳に記帳し、それを公開することで不正がないことを検証します。

ペン
ペン

 全員が全員を監視するネットワークで取引を成立させているのです。

マイニングに参加する動機は何?


マイニングを行うためには、設備 (コンピュータ)と電力が必要でかなりのコストが必要になります。

ペン
ペン

ココで疑問に感じるのは、なぜコストをかけてまでもマイニングに参加するのか?ということです…

その理由は、一言で言えば「報酬」がもらえるからです。

マイニングでブロックの作成に成功すると、 報酬に「暗号資産」がもらえます。

マイニングの報酬と半減期

ちなみにビットコインのマイニングにはこの報酬に大きくかかわる「半減期」と呼ばれる仕組みが導入されています。

半減期とは

  • 4年ごとにマイニングの報酬額が半分になる仕組みです。 2012年にはビットコインマイニングの報酬は25BTCでしたが、4年後の2016年には12.5BTC、さらに2020年には6.25BTCまで報酬が下がっています。

日本でもかつてあの大企業がマイニング事業にチャレンジしたことがありました★

日本の企業もマイニングに参加し撤退へ

  • 以前DMMビットコインやGMOインターネットも暗号資産の採掘(マイニング)事業の参加を表明しましたが、競合過多や日本の電気代の問題などで採算が取れずに撤退を余儀なくされました。

マイニングは儲かるの?儲からない?

マイニング大手が9割を独占しているともいわれています。ここでいう大手とは企業さんです…

ペン
ペン

現在、個人で大金をはたいて参入しても「稼げない・かなわない」と考えていいでしょう…

特にビットコインは上場企業などがマイニングに参入し、年々難易度が高くなってると言われています。

大手企業が参入と言っても機器を運用するための設備費用や、メンテナンス人材を雇用するための人件費等がかかるため、稼ぐことは困難だと言えるでしょう。

他にもよく言われることで、日本は中国など他国と比べて電気代が高いことから、マイニングでの実質収益はその分低下します。

さらにマイナーをについて深掘り


先程もお伝えした通りマイナーとはマイニング (採掘) をする人という意味です。

暗号資産の送受金の取引を検証する作業が鉱山から鉱石を採掘する行為と似ているため、 マイニングやマイナーという呼び名がついたと言われています。

暗号資産が登場した頃は、 個人のパソコンでマイニングをして報酬を得ることも可能だったため、 マイナーとは個人でマイニングを行っている人といったイメージでした。

ケンブリッジ大学により発表された「ビットコイン電力消費指数」によると、ビットコインのネットワークに消費される推定電力量は年間109テラワットアワー(2021年6月1日時点)となっています。

これは、世界の電力消費量の約0.5%に相当し、日本の1年における電力消費量の12%(2019年度比)程度にのぼります。ビットコインのマイニングにともなう総消費電力量は、多くの国の消費電力量を上回っており、すでに仮想通貨は小国並みにエネルギーを消費する存在となっているのです。

引用 https://energy-shift.com

マイニングによる多大な電力消費は、環境に負担をかけることが懸念され議論されています。

しかし、 暗号資産取引が世の中に広がっていくにつれ、 個人のパソコンではマイニングによって報酬を得ることが難しくなり、 現在ではマイニングは個人が行うものではなく、 マイニング専用マシンを集めてそれを専門に行う企業がマイニングを行っているといったイメージです。

今ではマイニング専用のハードウェアを何千台も集めた「マイニングファーム」と呼ばれる組織でマイニングが行われています。

ペン
ペン

マイニングファームへの総投資額は数千億円にものぼると言われており、 とても個人が気軽にマイニングを行える環境ではなくなってきています…

そのため、資金力のある企業や、複数人で協力してマイニングを行う「プールマイニング」という新たな環境も誕生しています。

プールマイニングでマイニングに成功すると報酬はプールの管理者が受け取り、その後、参加したマイナーの仕事量に応じて報酬が分配されます。

複数でマイニングを行うプールマイニングとは反対に、1人でマイニングをすることを「ソロマイニング」といいます。

掘るだけじゃない!マイナーの他の役割

ペン
ペン

実は、マイナーには暗号資産の取引を記録するということ以外にも大切な役割があります。

それは暗号資産のシステムを動かす「ルールの変更」です。 暗号資産のシステムに問題がある場合には、そのルールを変更することによって問題を解消するのですが、 そのためにはマイナーからの承認を得なければなりません。

ちなみにビットコインの【ハードフォーク】によりビットコインキャッシュが生まれたのは、ビットコインのある問題の解決方法を巡り、マイナーの間で意見の対立が起こったためとされています。

ペン
ペン

ちょっとこの辺り難し話になってきます…

ハードフォークとは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。

ハードフォークは、主に仮想通貨(暗号資産)のアップグレードを意味する言葉として利用されます。

まとめ

今回の記事では普通に暗号資産取引をしている方なら影響を受ける【マイニング】について解説させていただきました。

暗号資産の管理や発展には欠かせない存在の【マイナー】

私自身、仕事で「マイニングをしてます」という方にあったことはありません…

知り合いにいたらもっと詳しく今回の記事をかけたのかもしれませんが、それくらい「レアなキャラ」というわけです。

とりあえず今回のマイニングの基礎知識はここまでとさせていただきます。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました