【図解解説】仮想通貨投資のやり方・種類を学ぼう!超初心者向け(積立、分散、長・短期投資)

【図解解説】仮想通貨投資のやり方・種類を学ぼう!初心者向け(積立、分散、長・短期投資)仮想通貨ブログ
悩む人
悩む人

仮想通貨の投資初心者でまだまだわからないことばかり…最初に覚えておくべき投資の基本って何かありますか?

はじめての投資が【暗号資産・仮想通貨という方も年々増えてきていると聞きます。

株式投資に比べ口座開設が簡単にできることや、スマホからエントリーでき、投資へのハードルが下がっていることが理由だと言われています。

仮想通貨は「投資」です。しっかり考えて運用することで自分の資産をコントロールすることも可能です。

今回の記事では【仮想通貨投資、基礎知識を手に入れて賢く稼ごう】をテーマに投資の基礎的な部分に触れていきたいと思います。

ペン
ペン

今回の記事から基礎を学んでより良い【投資ライフ】を送りましょう!

この記事で学べること

この記事で学べること

  • 長期投資と短期投資について
  • 分散投資という考え方
  • 積立投資でのリスク分散

Twitterアカウント @cryppen_crypto

まだ口座をお持ちではない方はコチラの記事をチェック!

初心者は長期投資で時間を味方につける

ペン
ペン

仮想通貨投資の基本は「長期・短期」と使い分ける事です

投資の運用で利益を得るには短期間で運用する「短期投資」と、短期的な値動きには目を向けず、資産を長期にわたって持ち続け、価値が上がるのを待つ「長期投資」があります。


暗号資産や株式などの「値動きを狙った投資」は大きく儲けられる可能性もありますが、難易度も高く大きなリスクもあります。

FXなどのようにさらに「レバレッジを効かせ大きく儲ける」などギャンブル性の高いものも「短期投資」に含まれます。

それに比べ長期投資はすぐに大きな見返りを得ることはできませんが、リスクを分散できるほか、複利の効果で安定した利益を得ることができます。

ペン
ペン

この長期投資はリスクが少なく初心者の方にオススメな投資方法です。

長期投資は老後資金など、ライフプランを見据えての資産運用をするときに有効です。

一言でいうと「時間を味方につける投資法」です。

資産形成の王道は、長期投資して複利効果を狙うこと、ウォーレン・バフェットいわく「ゆっくり金持ちになることですよ」と世界屈指の大富豪が身を持って証明しています。

しかしデメリットもあり「長期間資産が拘束」される(※投資の種類によってはすぐに引き出せないものもある)ので、中級者や上級者の方は長期と短期をうまく組み合わせるのがよいでしょう。

ペン
ペン

この後のチャプターにて【短期投資・長期投資】を詳しく比較解説していきます。

短期投資と長期投資のメリット・デメリット 

短期投資と長期投資のメリット・デメリット」を上の図で比較してみました。 あなたの場合はどちらに向いているでしょうか?


ライフプランやリスク許容度、 「守るお金なのか」「増やすお金なのか」などによっても変わってくるでしょう。

ペン
ペン

中上級者にオススメなのが「組み合わせ」です。

2つの投資方法のメリット・デメリットを理解してお互いの欠点をカバーしつつ運用をすること。

長期投資・短期投資の組み合わせるときのポイント

  • 運用商品の流動性…運用商品がすぐに現金化できるかどうか、手数料は高くないか?
  • 運用商品の投資リスク…下がったとき、 どの程度の損失があるか?
  • 運用商品の予定収益率…年間の利益はどれくらいか

もちろん「組み合わせ」は知識や経験も必要。投資の勉強をするつもりで少額から取り組んでみましょう。

ペン
ペン

長期・短期投資は突き詰めると話が長くなってしまうので、今回はココまでに。また別の機会にまとめさせていただきます。

分散投資 

仮想通貨投資における分散投資では、できるだけ違う特徴を持つプロジェクト(コイン)に投資するのという事です。

具体的には

  • 国・地域・ジャンルを分散させる
  • 商品を分散させる
  • 積立などで時間を分散させる

という3つの方法があります。

例えば、「国やジャンルで分散」と「商品の分散 など、 複数を掛け合わせて投資するとよいでしょう。

分散投資の例え話し

よく投資話しの例えにも上がりますが、一つのかごに卵を山盛りもっておくのに比べ、いくつかのかごに卵を分けてもっておけば、何かしらの被害(落としたり、風に吹かれたり)があったときに被害が最小限になり安心です。

積立購入で価格変動リスクを回避 

前のチャプターで「投資を小分けにしリスクを分散させるという考え方」③の積立購入についてお話させていただきます。

分散投資の方法の中でも、時間によるリスク分散効果を狙ったのが「積立投資」です。積立投資とは、定期的に金融商品を購入する方法のこと。

例えば、1口1万円の株式を5万円分購入するとします。

一括で買うと、値下がりした場合は損失を被ることになります。 しかし積立投資では、毎月1万円で価格が高いときには0.8口分、安いときには1.2口分といったふうに、 同じ金額分を買い続けます。 これを【ドルコスト平均法】ともいいます。

その結果、最終的に少ない金額で5口以上を買うことができます

このように積立投資は「値動きの影響を減らして、安定した利益を得られる」ところに特徴があります。

積み立てと一括投資 

同じ金額を投資しても、一括で買うのか長期にわたって積み立てていくかでは、 結果に違いが出てきます。

一括で買う場合は、 安いときに買い、 値上がりしたときに一気に売ることで、大きな利益が期待できます。

ペン
ペン

一方で、 日々の値動きに一喜一憂し、売るタイミングを逃すと大きな損をするリスクも。

積立はあまり値動きを気にせず投資でき、 結果として安定した利益を得られるというメリットがあります。

ブラスα分散投資でリスク軽減 

リスクのある金融商品を購入するときに、心がけておきたいのが 「ジャンルの分散」、「地域 ・国 の分散」、「通貨の分散」 そして 「時間 (期間) の分散」
という4つの考え方です。

仮想通貨の市場だけではない話ですが、同じ銘柄に偏ってしまうと、 価格が下落したときの逃げ道がなくなってしまいます。

様々な「ジャンルのプロジェクト」など、それぞれ異なった銘柄を複数選び、 「ビットコイン」だけではなく「イーサリアム」や「リップル」といった通貨に分散することで、リスクを減らすことが可能になります。

「時間の分散」 にあたる積立投資(ドル・コスト平均法)は、 一度に投資するのではなく時期をずらしていくことでリスクを減らします。

もちろん、分散投資をしたからといってリスクが0になるということではありません

まとまった資金で1つの暗号資産を一時に購入するのは、リスクの高い投資になるので避けておきましょう。価格の上がり下がりに一喜一憂せずに、時間を味方にした長期投資がリスク軽減の決め手になるでしょう。

まとめ

今回の記事では簡単ではありますが「様々な投資法」について解説させていただきました。

少しでも投資のリスクを減らすための知識として心がけておきましょう。

私自身の意見としては「仮想通貨の市場はまだデジタルの普及とともに伸びていく」と考えて投資しています。

ペン
ペン

ですが値動きの激しい市場であるため、しっかりと基礎を勉強して少しでもリスク軽減した投資を心がけていきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

まだ口座をお持ちではない方はコチラの記事をチェック。最短5分ほどで口座開設が可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました